メインメニュー
検索
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

ゴシップ :  チェルシーFCの今週の噂158
投稿日時: 2011年10月05日 (21690 ヒット)

チェルシーフットボールクラブの噂・ゴシップ・移籍情報等を中心に含む、最近の動向です。




カルーが残留を望む&合意に期待

チェルシーと契約延長について交渉中のコートジボワール代表FWサロモン・カルーは、この5年間に引き続き
今後もチェルシーと共に歩みたいと認めています。

“留まりたいよ。チェルシーが好きなんだ。ここでファンタスティックな5シーズンを過ごし、賞もいくらか獲得した。
チェルシーは将来に期待している。私はまだ若い選手だし、自分の将来はここにあり得ると思っているよ”

また出場機会の保証を求めたかについて訊かれたカルーは、それについて答えています。

“出場時間はあらゆる選手が望むものだね。もし毎週末プレーできていないなら、どうやって自分自身を
改善させる?改善するために、自分自身を限界まで達せさせるために、プレーする事はとても重要なんだ。
それが私が求めているものだよ。私たちはまだ話し合っている所だし、クラブにとっても私にとっても良い
合意に向かうと思っているよ”



カルー&ボシングワと契約延長の交渉中。ドログバは新情報無し

アンドレ・ビラス・ボアス監督は、今季終了後にチェルシーとの契約が満了となるため新たな契約の
交渉中にあるディディエ・ドログバについて、新情報は無いとし、またサロモン・カルー&ジョゼ・
ボシングワとも契約延長の交渉に入っている事を明かしています。

“(ドログバの契約延長について)新しい話は何も無いよ。毎週、話し合える状況では無いからね。
何か話せる事があったら、私たちの方から発表する方がいい。私たちはこの契約延長について交渉に
入ってはいるのだからね。話はそれで終わりだよ”

“カルーは新しいオファーを提供されたし、交渉が続くことを願っているよ。こういった選手たちは1月に
自分の将来について話し合う機会が得られるが、彼らのこのクラブとの感情的な結び付きを思えば
交渉とは関係なく、私たちは彼らを選手として頼りにできると思っている”

“(ボシングワとの)交渉は進行している。ボシングワに関しては4月5日まで契約が残っているが、
交渉は始まったし、困難にはならないだろう。私たちは彼との話し合いを始めているよ”



15才の新ラウル争奪戦でリード中

アーセナル、マンC、ミラン、インテル、ユベントス等も狙っているレアル・マドリーの15才のスペイン人FW
ホセ・アンヘル・ポゾ。ラウル2世と呼ばれるこの若手ストライカーの獲得レースで、チェルシーが先頭を走って
いるとの噂です。





アンジがA・コール&アネルカを追跡

今夏にチェルシーからユーリ・ジルコフ、インテルからサミュエル・エトーを獲得したロシアのアンジ・マハチカラ
は、チェルシーから更にイングランド代表左SBアシュリー・コールと元フランス代表FWニコラ・アネルカの獲得
を狙っているとの噂です。



スパーズがドログバ&アレックスに照準

チェルシーとの契約が来夏で満了となるディディエ・ドログバ。このコートジボワール代表FWとブラジル人CB
アレックスの2人をトッテナムが狙っており、1月に1500万ポンドで獲得に動くとの噂です。



ドログバ大好き19才FWがチェルシー&マルセイユにラブコール

ポルトガルリーグのアカデミカ・コインブラに所属するコートジボワール人FWイブラヒム・シソッコ。その印象的な
パフォーマンスにより、欧州のビッグクラブが目を光らせていると噂のこの19才ストライカーは、憧れの祖国の
英雄ドログバがプレーしたチェルシーとマルセイユなら、差し出された手を迷わず掴むと話しています。

“欧州のチームが自分に興味を持っていると聞くのは光栄だね。チェルシーとマルセイユは私にとって凄く大きな
存在だよ。私のヒーローであるディディエ・ドログバがその2つのクラブでプレーして、大好きになったんだ。でも
ゴールを決めて他のビッグクラブにも注目されたいし、1月かシーズン終了後にどうなるか分かる。だけど
チェルシーかマルセイユからオファーが来たら、ためらわないね”



新レフトバック候補にラドゥ

チェルシーFCは、今夏に獲得できなかったポルトのウルグアイ代表左SBアルバロ・ペレイラの代わりに
ラツィオのルーマニア代表左SB&CBシュテファン・ラドゥ(24才)を1月に獲りに行くとの噂です。



1月に再びモドリッチを狙う

チェルシーは、今夏に獲得が叶わなかったルカ・モドリッチをまだ諦めておらず、冬の移籍市場で再びトッテナム
にオファーを出すとの噂です。またマンチェスターUもこの26才のクロアチア代表MFを狙っているとの噂です。



ランパードがスターリッジを絶賛

引き続きフランク・ランパードは、ボルトン戦で自分へのアシストの他に、自ら2得点も挙げたダニエル・
スターリッジを称え、またチームのハイパフォーマンスにも喜びを示しています。

“スターリッジは私たちにとって、これから大きな影響力を持つ選手になるだろうね。彼は素晴らしいスピード
と素晴らしい能力を備えているし、ゴールを決める事もできる。私たちは自分たちにとても刺激的な選手が
いる事を分かっている。彼のような前線の選手たちがいれば、状況を常に作り出せると私たちは分かっているよ”

“ボルトンはベストの状態では無かったかも知れない。だけど、私たちが速さとクオリティを備えたあのような
パスと動きをしていれば、私たちと対戦するのはとても難しい事だよ。あの前半ほど良かったプレーは久しぶり
だね。私はプレーできてただ嬉しいし、貢献できて嬉しい。今シーズン、チームはほとんどの試合で上手く
プレーしているし、私が望んでいるのはプレーした時に貢献する事だけだ。優秀な選手たちとプレーするのは
素晴らしいしね。自分もまだまだやれると感じるし、ただ成功したチームの一員でいたいんだよ”



ランパードはフットボールで返答

ボルトン戦でハットトリック達成を初めとする大活躍を見せた副将フランク‥ランパードは、この試合のように
得意の形でまだまだゴールを奪えるとし、また世間の批判の声にプレーで返答できた事にも満足しています。

“私はまだペナルティエリアまで進んでゴールできるよ。常にそう努めてきたし、チェルシーで共にプレーする
選手たちのクオリティがあれば、ペナルティエリアに入り込み続ければチャンスが訪れると私は分かっている
んだ。今回の私の最初のゴールはダニエス・スターリッジがお膳立てしてくれたし、最後のゴールはディディエ・
ドログバがお膳立てしてくれたね”

“私は長いことプレーして来たし、常にトップフォームでいれられる訳が無いと知っている。リオネル・メッシ
でさえ不可能だし、他の選手たちも同じだよ。私たちは一生懸命に働き続けるしかないんだ。それで少し下降
気味になったら、人々は常に大袈裟に騒ぎ出す。そういう時は黙り続けて、フットボールで語らなければいけ
ない。それは必ずしも簡単な事では無いし、強いままでいて他の人々に言いたいように言わせておかなければ
いけない。そうやって働き続けていれば、事態はいずれ好転するし、私にとってはそれが今日訪れたよ”

そしてランパードは、新生チェルシーのスタイルにもフィットできると改めて話しています。

“私は自分が速くボールを動かせると信じてるし、常にそうして来たと思う。私には自分自身のスタイルが
あるし、他の選手たちよりもペナルティエリア内に入ろうとしている。しかし私はチーム内で速くボールを
動かそうとも常に努めているし、今日はそれを示したよ”



→ チェルシーFCの先週の噂

印刷用ページ このニュースを友達に送る
Chelsea goods