メインメニュー
検索
オンライン状況
13 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

試合結果 : マルーダ&ドログバの得点でチェルシーが完封勝利。
投稿日時: 2007年10月25日 (1186 ヒット)

チャンピオンズリーグ・グループリーグ第3戦。
ホームのスタンフォード・ブリッジにシャルケを迎えたチェルシーは
マルーダとドログバの仲良しコンビがゴールを決めて
ミドルスブラ戦に引き続き、2−0の完封勝利を飾っています。


■フォーメーション(試合開始時)
 
    マルーダ   ドログバ   J・コール
             
    ランパード  マケレレ   エッシェン

ブリッジ カルバーリョ アレックス  フェレイラ
             ツェフ

■ハイライト

前半4分。
ランパードからのロングボールをドログバがヘッド落とし
このボールを受けたマルーダが左サイドからペナルティエリアへと進入します。
さらに中央へ切り込もうとする所に相手DFが立ち塞がりますが
強さで粘るマルーダはそこで切り返して、左足から低いシュートを放ちます。
そしてGKノイアーがキャッチ出来ずにその股下を抜けてゴールへと決まりチェルシーが先制。
マルーダがスタジアムへと向かって咆哮します。

後半2分。
中盤でボールを奪ったチェルシーは速攻から、右サイドのフェレイラが正確なクロスを放り込み
これをゴール前へと走りこんだドログバが、ダイビングヘッドでゴール左へと突き刺す追加点。
2戦連続でその勝負強せたドログバを、ウォーミングアップ中のカルーも祝福しました。

後半25分。
エッシェンが下がって、ミケルが入ります。

後半38分。
マルーダが下がり、カルーが入ります。

後半44分。
J・コールが下がり、シェフチェンコが入ります。

試合終了(2-0)。


少ないタッチとリズム良いパスワークで試合を支配した
チェルシーは前半、開始わずか4分にゴールで先制をものにします。
一方のシャルケも怯むことなくに立ち向かい、前半28分にグロスミュラーが決めたゴールが
オフサイドの判定となれば、チェルシーもエッシェンのヘッドやJ・コールのミドル等でさらにゴールを狙い
チャンピオンズリーグらしく見応えのある攻防を繰り広げます。
そして後半、速攻から再び序盤でゴールを奪ったチェルシーはその後は無理をせず
さらにシャルケもラーセンが放ったヘッドがゴールポスト左へと当ってGKツェフの正面に収まって
最大のチャンスが過ぎたりと、試合は落ち着いて行きました。
そして終盤にはアレックスが自らのバックパスミスをカバーするため相手を引っ張ってしまったり
ドログバが相手エリア内で倒されたりするものの、どちらも主審の笛は鳴らずに
スタジアムが再び沸き上がりますが、そのまま試合は終了。
グジョンセンもテリーと共に観戦に来ていたこの試合、
その強さを見せたチェルシーが勝点3の獲得に成功しました。


■両チームの出場選手

チェルシー(4−3−3):
ツェフ、フェレイラ、アレックス、カルバーリョ、ブリッジ
エッシェン(ミケル 69分)、マケレレ、ランパード
J・コール(シェフチェンコ 89分)、ドログバ、マルーダ(カルー 53分)
 
シャルケ(4−3−3):
ノイアー、ラフィーニャ、ウェステルマン、ボルドン、ロドリゲス(バイラモヴッチ 81分)
ジョーンズ、グロスミュラー(アザウアグ 76分)、エルンスト
ロベンクランズ、ラーセン、アサモア(ラキティッチ 60分)

印刷用ページ このニュースを友達に送る
Chelsea goods