メインメニュー
検索
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

試合結果 : ピサーロ弾でチェルシーが勝点3を獲得。
投稿日時: 2008年01月20日 (1252 ヒット)

プレミアシップ第23戦。
敵地に乗り込んだチェルシーはバーミンガム・シティと対戦し
ピサーロのゴールにより、0−1の勝利を持ち帰っています。


■フォーメーション(試合開始時)
 
    マルーダ     アネルカ    J・コール
             
     バラック     マケレレ     SWP

A・コール   カルバーリョ  アレックス   ベレッチ
                 ツェフ


■ハイライト

前半29分
空中戦時の着地で足首を痛めてしまったSWPは
しばらくプレーを続けましたが、ここで下がります。
そして代わりにはピサーロが入り、システムを4−2−3−1へと変更します。

前半38分。
ペナルティエリア内左へのバックパスをGKツェフがキックミスしてしまい
これをエリア手前のジェロームがヘッドで跳ね返します。
しかしゴールは無人だったものの、これはゴールポスト左へと当って救われます。

前半41分。
右サイドの攻撃からバーミンガムがペナルティエリア内右へと進入。
そのこぼれ球から中央のジェロームが右足のシュートを放ちますが
目の前のアシュリー・コールがブロックします。
さらに跳ね返ったボールを再びジェロームが左足で叩きますが
GKツェフの後ろで今度はアレックスがブロックします。

後半22分。
右サイド後方のベレッチからのクロスをペナルティエリア手前のアネルカが後ろへと落します。
そしてマルーダが出したパスを再び受け取ったアネルカは、DFのスライディングを受けながらも
エリア中央で右足の低いシュートを打ちますが、これはGKテイラーが足元で防ぎます。

後半28分。
右サイドで3人を抜き去ったJ・コールからのパスを
ペナルティエリア手前のアネルカがさらにエリア内左のマルーダへと繋げます。
そしてマルーダが放った左足のシュートは、ゴール左下でGKテイラーが阻みます。

後半29分。
FKからペナルティエリア内左のスペースへと出された縦パスを
マクファーデンが左足で叩きますが、この低いシュートはゴール左下でGKツェフが阻みます。

後半34分。
右CKのベレッチのクロスボールからペナルティエリア中央の
ピサーロが強烈なヘディングシュートをゴール右へと突き刺し
チェルシーがここでついに先制点を奪います。

後半39分。
左サイドからペナルティエリア左角へと進入したアネルカはそのまま右足を一振り。
弾丸のようなショットがゴール左を強襲しますが、これをGKテイラーがなんとか弾き
ゴール前へのこぼれ球をDFが大きくクリアします。

後半40分。
J・コールがここで下がり、シドウェルが入ります。

後半ロスタイム。
マルーダがここで下がり、ブリッジが入ります。

試合終了(0−1)。


■両チームの出場選手

チェルシー(4−3−3):
ツェフ、ベレッチ、アレックス、カルバーリョ、A・コール
SWP(ピサーロ 29分)、マケレレ、バラック
J・コール(シドウェル 85分)、アネルカ、マルーダ(ブリッジ 92分)
 
バーミンガム(4−4−2):
テイラー、ケリー、リッジウェル、シュミッツ、ケドル
ラーション、ムアンバ、ジョンソン、カポ
オコーナー(フォルセル 71分)、ジェローム(マクファーデン 71分)

印刷用ページ このニュースを友達に送る
Chelsea goods