メインメニュー
検索
オンライン状況
13 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

試合結果 : J・コール弾でチェルシーが決勝進出。
投稿日時: 2008年01月24日 (1329 ヒット)

カーリングカップ準決勝・第2戦。
敵地グディソンパークに乗り込んだチェルシーは、後半のJ・コールの得点で0−1の勝利をものにし
第1戦と合わせて1−3と、2年連続の決勝進出を見事に決めています。


■フォーメーション(試合開始時)
 
   マルーダ     アネルカ    J・コール
             
   シドウェル     マケレレ     SWP

ブリッジ   カルバーリョ  アレックス   ベレッチ
                ツェフ


■ハイライト

前半8分。
右サイドを駆け上がりペナルティエリア右角からベレッチが放った
左足のシュートは弧を描くもののゴールの左上へと外れます。

前半10分。
右CKのアルテタのクロスからペナルティエリア中央のリスコットが放った
ヘディングシュートは、GKツェフがゴール右下への咄嗟の反応で阻みます。

前半29分。
シドウェルの縦パスを受けたアネルカが、ペナルティエリア手前でDF2人からコースを作って
放った右足の低いシュートは、ゴール右下でGKハワードが防ぎます。

前半34分。
右サイドのベレッチからのパスをペナルティエリア手前で受けたマルーダは
エリア内へと切り込むと共に左足のシュートを放ちますが、これはゴールの左上へと外れます。

前半39分。
右サイドのアルテタからのパスを受けたジョンソンがペナルティエリア右へと進入して
右足のシュートを放ちますが、これはゴールの右下へと外れます。

後半1分。
ペナルティエリア右のJ・コールはシュートを打つと
見せかけて切り替えし、ボールを左斜め後方へと戻します。
そしてこれをエリア手前から右足で叩いたアネルカのシュートがクロスバーを直撃します。

後半13分。
右CKからペナルティエリア右へと出したショートパスを勢い良く走り込んで来た
フィル・ネヴィルが右足で叩きますが、これはGKツェフが見事なセーブで阻みます。

後半14分。
右サイドのFKのクロスからペナルティエリア後方のオスマンが右足の低いシュートを放ち
さらにジャギエルカがゴール前で方向を変えますが、これもGKツェフが両足で防ぎます。

後半24分。
左サイド後方のマルーダが1本の正確なロングパスを繰り出します。
そしてこれを走り込みながらペナルティエリア内右でワントラップしたJ・コールは
すかさず放った右足のシュートをゴール右へと叩き込み、チェルシーがここでついに先制します。

後半26分。
ペナルティエリア右に進入したジョンソンが放った
右足の強烈なシュートはゴール右上でGKツェフが弾き出します。

後半37分。
J・コールがここで下がり、ピサーロが入ります。

後半38分。
中盤をドリブルで駆け上がったSWPがペナルティエリア手前で放った
右足のシュートはゴール右上でGKハワードが防ぎます。

後半44分。
左サイドのSWPからパスを受けたピサーロが、ペナルティエリア手前から放った
右足の低いシュートが惜しくもゴール左へと外れます。

後半45分。
マルーダがここで下り、A・コールが入ります。

後半ロスタイム。
アネルカがここで下り、ベン・ハイムが入ります。

後半ロスタイム。
カウンターで左サイドを駆け上がったカルバーリョからのパスを
ペナルティエリア中央手前のSWPが受けます。
そしてSWPがゴール前へと出したスルーパスから、飛び出したピサーロが
右足のシュートを打ちますが、これは至近距離でGKハワードが跳ね返します。

試合終了(0−1)。


■両チームの出場選手

チェルシー(4−3−3):
ツェフ、ベレッチ、アレックス、カルバーリョ、ブリッジ
SWP、マケレレ、シドウェル
J・コール(ピサーロ 82分)、アネルカ(ベン・ハイム 92分)、マルーダ(A・コール 90分)
 
エバートン(4−4−1−1):
ハワード、ネヴィル、ジャギエルカ、リスコット、バレンテ
アルテタ、フェルナンデス(ボーギャン 78分)、カースリー(アニチョベ 70分)、オスマン
ケーヒル
ジョンソン

印刷用ページ このニュースを友達に送る
Chelsea goods