メインメニュー
検索
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

試合結果 : バラックのヘッドでチェルシーが9連勝。
投稿日時: 2008年01月31日 (1407 ヒット)

プレミアシップ第24戦。
スタンフォード・ブリッジにレディングを迎えたチェルシーは1−0の勝利をものにし
クラブ記録に並ぶ、公式戦9連勝を達成しています。


■フォーメーション(試合開始時)
 
   マルーダ     アネルカ    J・コール
             
   バラック      マケレレ     SWP

ブリッジ   カルバーリョ  アレックス   フェレイラ
                ツェフ


■ハイライト

前半7分。
バラックがFKから放った右足のシュートはゴール右でGKが防ぎます。

前半19分。
左サイドから切り込んだジョー・コールがペナルティエリア手前で放った
右足のシュートはGKハーネマンがゴール右上で弾き出します。

前半22分。
マケレレのスルーパスに飛び出したSWPは同時にDFをかわし
ペナルティエリア中央から即座に右足のシュートを放ちますが
これは前に出ていたGKが至近距離で跳ね返します。

前半26分。
左サイドのブリッジがペナルティエリア内左のスペースへと出したパスから
マルーダが左足のシュートを打ちますが、これはGKハーネマンが飛び出して防ぎます。

前半32分。
J・コールの縦パスから右サイドのフェレイラが大きなクロスを上げます。
これをペナルティエリア中央で空中戦を制したバラックがヘッドで
ゴール右へと叩き込み、ここでチェルシーが先制します。

後半1分。
ボールを奪ったJ・コールはそのまま右サイドを駆け上がり
ペナルティエリア右から右足のシュートを放ちます。
しかしこれはGKハーネマンが触ってゴールの左へと外れます。

後半6分。
マケレレが縦へと出したスルーパスを1人抜け出し受けたSWPは
ペナルティエリア中央でGKと1対1を迎えますが
そのまま打った右足の低いシュートは正面のGKが足元で防ぎます。

後半20分。
左サイドのブリッジが放り込んだクロスボールを
ペナルティエリア中央のアネルカがヘッドで叩きますが、
これはゴール右でGKハーネマンが防ぎます。

後半32分。
マルーダが下り、ここでピサーロが入ります。

後半37
右サイドのフェレイラがペナルティエリア中央へと入れたクロスに飛び込んだ
バラックのヘディングシュートはクロスバーの上へと外れます。

後半40分。
SWPが下り、ここで古巣対決となるシドウェルが入ります。

試合終了(1−0)。


■両チームの出場選手

チェルシー(4−3−3):
ツェフ、ベレッチ、アレックス、カルバーリョ、ブリッジ
SWP、マケレレ、シドウェル
J・コール、アネルカ(ピサーロ 91分)、マルーダ(フェレイラ 80分)
 
レディング(4−4−2):
カークランド、メルヒオット、ブランブル、シャーナー、キルバーン
バレンシア、ブラウン、パラシオス(シベルスキ 76分)、テイラー(クーマス 57分)
ベント、へスキー(アガホワ 84分)

印刷用ページ このニュースを友達に送る
Chelsea goods