メインメニュー
検索
オンライン状況
13 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

試合結果 : バラック&ランパード&カルーの得点でチェルシーがベスト8進出。
投稿日時: 2008年03月06日 (1315 ヒット)

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦(2stleg)。
スタンフォード・ブリッジにオリンピアコスを迎えたチェルシーは、ランパードのアシストから
バラックが2戦連続でゴールを奪う先制点を皮切りに、3−0の勝利で準々決勝へと駒を進めました。


■フォーメーション(試合開始時)
 
    カルー     ドログバ    J・コール
             
   ランパード    マケレレ    バラック

A・コール    テリー   カルバーリョ   フェレイラ
            クディチーニ


■ハイライト

前半5分。
A・コールのスローインからボールを貰ったランパードが
そのまま左サイドから正確なクロスを放り込みます。
そしてこれをゴール前のバラックが見事なヘッドでゴール左へと叩き込み
チェルシーがここで先制します。

前半18分。
中盤のランパードからのパスを左サイドのカルーがワンタッチで折り返します。
そして走り込んでこれを受けたJ・コールがペナルティエリア内左からクロスを放り込み
ゴール前のドログバが左足ボレーで叩いたシュートがクロスバーの上へと外れます。

前半20分。
右サイドのJ・コールからフェレイラを経由してパスを受けたマケレレが
右足から放った低いミドルシュートは、GKニコポリディスが正面下で抑えます。

前半25分。
中盤で競り勝ったマケレレのヘッドをさらにテリーがヘッドで
ペナルティエリア内右へと落し、走り込んだバラックが右足の強烈なシュートを放ちます。
これをゴール右でGKニコポリディスもなんとか防ぐものの、
このこぼれ球をゴール前のランパードが押し込み、チェルシーが2点目を手にします。

後半3分。
ランパードの左CKからのクロスをドログバがヘッドで落して流し
混戦の中これをゴール右前で受けたカルーが右足アウトサイドで押し込んで
チェルシーがここで3点目を奪います。

後半8分。
ペナルティエリアへと押し寄せたカルーがエリア内右へとパスを出し
ランパードが右足で打った低いシュートがゴールの左へ外れます。

後半20分。
バラックからのボールを中盤のランパードがダイレクトで叩き、スルーパスを送ります。
そして飛び出したドログバがペナルティエリア右から右足のシュートを
見事にゴール右隅へと決めますが、これはオフサイドでした。

後半24分。
GKクディチーニからのロングボールを右足の柔らかいトラップで受けた
J・コールは反転してそのままペナルティエリア左へと進入。左足の強烈なシュートを放ちます。
そしてこれをGKニコポリディスが正面で弾き返し、こぼれ球を拾った中盤のマケレレが
巧みに1人かわして右足のミドルシュートを放ちますが、これもゴール右下でニコポリディスが防ぎます。

後半25分。
カルーがここで下り、マルーダが入ります。

後半32分。
ランパードがここで下り、エッシェンが入ります。

後半34分。
J・コールがここで下り、SWPが入ります。

後半38分。
ベルスチが右足から放ったミドルシュートが、曲がりながらクロスバーを叩きます。

後半39分。
FKから放ったストルティディスのシュートをゴール左下でGKクディチーニが阻みます。
そしてこぼれ球をカルバーリョがクリアしたボールが宙へ浮き、
中央のアンツェスがヘディングシュートをゴール右へと飛ばしますが
これもGKクディチーニが素晴らしいセーブで防ぎ切ります。

試合終了(3−0)。


■両チームの出場選手

チェルシー(4−3−3):
クディチーニ 、フェレイラ、カルバーリョ、テリー、A・コール
バラック、マケレレ、ランパード(エッシェン 77分)
J・コール(SWP 79分)、ドログバ、カルー(マルーダ 70分)
 
オリンピアコス(4−5−1):
ニコポリディス、ジェブワコフ、アンツェス、ジュリオ・セーザル、パントス
トロシディス(シシッチ 75分)、バツァゾグル、レデスマ(ベルスチ 52分)、ストルティディス、ジョルジェビッチ(レオナルド 58分)
コバチェビッチ

印刷用ページ このニュースを友達に送る
Chelsea goods