メインメニュー
検索
オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

試合結果 : ランパードの大活躍でチェルシーが6得点の圧勝。
投稿日時: 2008年03月13日 (1254 ヒット)

プレミアシップ第28戦。
スタンフォード・ブリッジにダービーを迎えたチェルシーは、MFながらも4ゴールを決めた
副将フランク・ランパードや好調ジョー・コールらの活躍により、6−1の大勝を飾りました。


■フォーメーション(試合開始時)
 
    カルー     アネルカ    J・コール
             
   ランパード    マケレレ    バラック

A・コール    テリー   カルバーリョ   フェレイラ
            クディチーニ


■ハイライト

前半3分。
左サイドのアネルカからボールを貰ったカルーが右斜め前へとパスを送ります。
そしてペナルティエリア左へと入り込んでこれを受けたランパードが
反転してからそのまま狙った左足のシュートが、惜しくも右のゴールポストを叩きます。

前半19分。
J・コールの縦パスをペナルティエリア内右で受けたバラックが
左足のシュートをゴール右へと見事に突き刺しネットを揺らしますが
これは惜しくもオフサイドでした。

前半28分。
J・コールの縦パスに飛び出したランパードは
ペナルティエリア内右でDFに足をかけられ、PKを獲得。
そしてランパードは自らこれをGKの逆を衝く、ゴール右下へと落ち着いて決めて
チェルシーがここで先制します。

前半42分。
ランパードの巧みな縦パスをアネルカが追い駆けますが
ペナルティエリア手前まで飛び出したGKがスライディングでクリア。
しかしこのこぼれ球を正面のカルーが左足へ蹴り返して
無人のゴールへと放り込み、ここでチェルシーが追加点を奪います。

後半13分。
右サイドのアネルカへと出したボールを、ペナルティエリア内右へと
走り込んで再び貰らったJ・コールがゴール前へラストパスを送ります。
そしてこれをランパードが右足で押し込み、チェルシーが3点目をものにします

後半19分。
マケレレの縦パスを飛び出して受けたアネルカが
ペナルティエリア手前から右足の低いシュートを打ちます。
これをGKキャロルもよく弾きますが、その直後、走り込んでいたJ・コールが
こぼれ球を右足でゴールへと突き刺し、止まらないチェルシーの4点目です。

後半21分。
左サイドから切り込んで来たカルーのボールを譲り受けた
ランパードが右足の低いミドルシュートを放ちます。
そしてGKも触るもののボールはしっかりとゴール左へと決まり
チェルシーが5点目を手にします。

後半22分。
バラックがここで下り、ドログバが入ります。

後半27分。
右サイドのJ・コールからボールを返して貰ったランパードは
相手DFを力押ししながらペナルティエリア中央まで進み、
そのまま放った左足のシュートをゴール右下へと決めて
チェルシーが今季2度目となる6点目に到達です。

後半28分。
マケレレがここで下り、エッシェンが入ります。

後半29分。
ダービーが右サイドから入れたパスにエッシェンがカットしようと足を出しますが
ボールは方向を変わってペナルティエリア内左へと抜けて行きます。
そしてこれを受けたジョーンズがゴール左へとしっかり流し込み
ここでダービーが1点を返します。

後半30分。
J・コールがここで下り、シェフチェンコが入ります。

試合終了(6−1)。


■両チームの出場選手

チェルシー(4−3−3):
クディチーニ 、フェレイラ、カルバーリョ、テリー、A・コール
バラック(ドログバ 67分)、マケレレ(エッシェン 73分)、ランパード
J・コール(シェフチェンコ 75分)、アネルカ、カルー
 
ダービー(4−5−1):
キャロル、エドワーシー、ムーア、スタッブス(リーコック 16分)、マクエヴェリー
ステリョフスキ、ガリ(アーンショー 53分)、サヴェージ、ピアソン、ルイス(ジョーンズ 58分)
ミラー

印刷用ページ このニュースを友達に送る
Chelsea goods