メインメニュー
検索
オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

試合結果 : ドログバの2得点でチェルシーが逆転勝利。
投稿日時: 2008年03月24日 (1294 ヒット)

プレミアシップ第31戦。
本拠地スタンフォード・ブリッジにアーセナルを迎えたチェルシーは先制されるものの
エース・ドログバの値千金の2ゴールにより、2−1の逆転勝利でリーグ2位へと浮上しました。


■フォーメーション(試合開始時)
 
    カルー     ドログバ    J・コール
             
   ランパード    マケレレ    バラック

A・コール    テリー   カルバーリョ   エッシェン
            クディチーニ


■ハイライト

前半6分。
バラックがFKから放った右足のシュートが弧を描きながら
ゴール右へと向かいますが、これはGKアルムニアが阻みます。

前半24分。
テリーが相手DF陣の後ろのスペースへと出した1本のパスにドログバが抜け出します。
しかしペナルティエリアへと入り、これを太腿でトラップしたドログバは
コントロールミスしてしまい、ボールはそのままGKアルムニアへと渡ってしまいます。

前半41分。
ランパードがFKから入れた浮き球を、ペナルティエリア右のバラックがヘッドで叩き
これがギャラスの足へと当って、ゴール前にカルーへと渡ります。
しかし混戦の中、急いで振り抜いたカルーの右足は空振りとなってしまいます。

後半2分。
左サイドのファン・ペルシーのクロスのこぼれ球からペナルティエリア内右の
フラミニが強烈な右足のシュートを放ちますが、これをGKクディチーニがゴール右で見事に阻みます。

後半14分。
左CKからセスクが入れたクロスボールを素早くニアサイドに走り込んで来た
サニャがヘッドでゴール左へと決めて、ここでアーセナルが先制します。

後半15分。
右サイドのJ・コールのクロスからペナルティエリア右の
A・コールが放ったヘディングシュートはゴールの左上へと外れます。

後半22分。
右サイドのJ・コールが入れたクロスのこぼれ球をエリア中央のバラックが左足ボレーで叩きます。
そしてジャストミートせずにワンバウンドしてゴール右へと向かった
このボールはGKアルムニアが防ぎます。

後半25分。
マケレレとバラックがここで下って、アネルカとベレッチが同時に入ります。

後半28分。
ロングボールをペナルティエリア手前で胸トラップしたドログバが
真横に走り込んで来たランパードへとボールを渡します。
そしてそのまま突進したランパードはDFに阻まれますが、エリア中央へとこぼれたボールを
ドログバが右足で叩き、この強烈なシュートがゴール右下へと突き刺さり
チェルシーが同点に追いつきます。

後半36分。
右サイド後方のFKからのロングボールをペナルティエリア内右のアネルカがバッグヘッドで落とし
これをエリア中央で受けたドログバが難しい体勢ながらも右足のボレーで叩きます。
そしてこのシュートにGKアルムニアも触りますが、ボールはそのままゴール左へと決まり
チェルシーがここで逆転をものします。

後半38分。
右サイドのJ・コールが前のスペースへとパスを出し、走り込んで来たベレッチが
ダイレクトでペナルティエリア中央へと折り返します。
そしてドログバが放った右足のシュートがゴール右下を襲いますがこれはGKアルムニアが良く阻みます。

後半44分。
J・コールがここで下って、ミケルが入ります。

試合終了(2−1)。


■両チームの出場選手

チェルシー(4−3−3):
クディチーニ、エッシェン、カルバーリョ、テリー、A・コール
バラック(ベレッチ 70分)、マケレレ(アネルカ 70分)、ランパード
J・コール(ミケル 89分)、ドログバ、カルー
 
アーセナル(4−2−3−1):
アルムニア、サニャ(ディアビー 70分)、トゥーレ、ギャラス、クリシ
フラミニ(ベントナー 89分)、ファブレガス
エブエ、フレブ、ファン・ペルシー(ウォルコット 75分)
アデバヨール

印刷用ページ このニュースを友達に送る
Chelsea goods