メインメニュー
検索
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

試合結果 : アネルカ&A・コール弾でチェルシーが勝利。
投稿日時: 2008年07月30日 (1452 ヒット)

アジア遠征最終戦。チェルシーはマレーシア選抜と対戦し、前半のニコラ・アネルカと
後半のアシュリー・コールの得点により2−0と、3戦連続の完封勝利を収めています。


<スターティング・メンバー>

   J・コール   アネルカ    SWP

   ランパード   ミケル     デコ
        
ブリッジ    テリー   カルバーリョ  エッシェン
             ツェフ

※前の2試合でスタメンを務めたサロモン・カルーは北京オリンピックのため
コートジボアール代表チームへと向かっています。

前半3分。
マレーシア選抜のザイナルが放った右足のミドルシュートがゴールの左下へと外れます。

前半14分。
左サイドのFKからランパードがペナルティエリアの外に1人待ち構えていた
デコへとクロスを放り込みます。そしてこれをデコが右足ダイレクトボレーで見事に叩きますが
この強烈なシュートはGKが咄嗟にクロスバーの上へと弾き出します。

前半16分。
J・コールの鋭い縦パスからペナルティエリア左のアネルカが
左足のシュートを放ちますが、これはGKがゴール左で阻みます。

前半24分。
右サイドから切り込んだエッシェンの左足のミドルシュートはGKが正面で防ぎます。

■前半26分。
J・コールが縦へと出したスルーパスに飛び出したアネルカが
そのままスピードを増してペナルティエリア内左から左足の鋭いシュート。
これがゴール右へとしっかりと突き刺さり、チェルシーがここで先制します。

前半29分。
左サイドのSWPからの鋭いクロスにアネルカがなんとか頭で合わせますが
これはクロスバーの上へと大きく外れます。

前半38分。
1人中盤を駆け上がったザイナルがペナルティエリア右へ入ると同時に放った
右足のシュートはゴールの左下へと外れます。

前半40分。
エリア手前のランパードが粘り強く繋げたパスから、エリア内左のテリーが
右足のシュートを放ちますがこれはGKが正面で抑えます。

前半45分。
右サイドから勢い良く攻め上がったエッシェンがJ・コールとのワンツーから
ペナルティエリア右で左足のシュートを撃ちますが、これは大きく左へと外れます。

<ハーフタイム>
ここでJ・コール、SWP、カルバーリョ、ブリッジが下って
マルーダ、フェレイラ、アレックス、A・コールが入ります。
そしてフェレイラが右SBに入り、エッシェンが中盤に戻ります。

■後半7分。
左サイドのマルーダがクロスをエリア内に入れると見せかけて、エリア手前のランパードへ送ります。
そしてランパードもシュートを打つかと思いきや縦パスを送り、これをゴール前で受けたA・コールが
反転して左足のシュート。これにGKも触るもののクロスバーへと当って
そのままネットを揺らし、チェルシーが2点目を奪います。

後半16分。
デコがボールを安易に奪われてしまい、マレーシア選抜の選手が1人抜け出しますが
これはエリアの外へと飛び出して来たGKツェフが、スライディングで見事にカットします。

後半19分。
GKツェフ、アネルカ、デコがここで下り、
GKクディチーニ、シェフチェンコ、ディ・サントが入ります。

後半30分。
中盤でボールを受けたエッシェンがDF2人をかわし、そのままペナルティエリアへと入って
右足のシュートを放ちますが、これは飛び出したGKの膝に跳ね返されてしまいます。

後半33分。
テリーとランパードがここで下って、イバノビッチとシンクレアが入ります。
そしてキャプテンマークはA・コールへと渡されました。

       ディ・サント   シェフチェンコ 

 マルーダ                  シンクレア
         ミケル    エッシェン
        
A・コール  イバノビッチ  アレックス  フェレイラ
            クディチーニ

試合終了(2−0)。


<全出場メンバー>

ツェフ(クディチーニ 64分)
エッシェン、カルバーリョ(アレックス h-t)、テリー(イバノビッチ 78分)、ブリッジ(A・コール h-t)
デコ(シェフチェンコ 64分)、ミケル、ランパード(シンクレア 78分)
SWP(フェレイラ h-t)、アネルカ(ディ・サント 64分)、J・コール(マルーダ h-t)

印刷用ページ このニュースを友達に送る
Chelsea goods