メインメニュー
検索
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

試合結果 : チェルシーが3得点でマンCに逆転勝利。
投稿日時: 2008年09月14日 (1416 ヒット)

プレミアシップ第4戦。
敵地でマンCと対戦したチェルシーは、プレミアデビューをしたロビーニョに先制されるものの
カルバーリョ、ランパード、アネルカのゴールにより、3−1の逆転勝利を飾っています。
またドログバが復帰を果たしたものの、主将テリーが退場となり終盤は10人で戦いました。


<スターティング・メンバー>

             アネルカ 
                
マルーダ  ランパード   デコ    J・コール

             ミケル

A・コール   テリー   カルバーリョ  ボシングワ
             ツェフ

■前半13分。
ペナルティエリア手前のカルバーリョのファールによりマンCがFKを獲得。
これをロビーニョが右足のシュートでゴール右へと見事に決めて、マンCが先制します。

■前半16分。
右CKのランパードからのクロスをペナルティエリア中央のテリーがヘッドで落とします。
そしてゴール前に走り込んだJ・コールの足に跳ね返ったボールから
カルバーリョが右足の強烈なボレーをゴール上へと叩き込み、チェルシーがすぐさま同点に追いつきます。

前半28分。
右サイドのJ・コールのクロスから、ゴール前のマルーダのヘディングシュートがクロスバーを直撃します。


<ハーフタイム>

■後半8分。
カウンターからミケル、J・コール、ランパードと繋いだチェルシーは
更に左サイドのマルーダに渡したボールを再びすぐに受け取ったランパードが
相手DFをかわし、ペナルティエリア中央に進入。そのまま打った左足のシュートを
ゴール右隅へと正確に決めて、チェルシーがここで逆転します。

■後半25分。
マルーダのパスを受けた中盤のJ・コールが縦へとスルーパスを出し、
ペナルティエリア中央へ飛び出したアネルカが右足でゴール右下へと
落ち着いて決めて、チェルシーが大きな追加点を奪います。

そしてここでJ・コールとマルーダが下り、ベレッチと今季初出場となるドログバが入ります。

後半32分。
デコのバックパスミスから抜け出そうとしたジョーを、テリーがイエロー覚悟で腕を使って妨げます。
しかしこれがまさかの一発レッドとなり、テリーもチームメイトも主審に異議を唱えますが覆らず
チェルシーがここで10人となり、主将テリーは来週のマンU戦へ出場停止となってしまいます。

後半34分。
そしてスコラーリ監督はここでアネルカが下げ、アレックスを投入します。

試合終了(3−1)。


<全出場メンバー>

■チェルシー(4−1−4−1)
ツェフ
ボシングワ 、カルバーリョ、テリー(Red 77分)、A・コール
ミケル
J・コール(ドログバ 70分)、デコ、ランパード、マルーダ(ベレッチ 70分)
アネルカ(アレックス 79分)

■マンチェスターC(4−2−3−1)
ハート
ザバレタ、リチャーズ、ダン、ボール(スタリッジ 84分)
ハマン(フェルナンデス 61分)、コンパニ
ライトフィリップス、ロビーニョ、アイルランド
ジョー

印刷用ページ このニュースを友達に送る
Chelsea goods