メインメニュー
検索
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

試合結果 : ボシングワの先制ゴールでチェルシーが勝点3獲得。
投稿日時: 2008年09月28日 (1258 ヒット)

プレミアシップ第6戦。
ストーク・シティと対戦したチェルシーは、今季新加入ボシングワのチェルシー初ゴールと
そのボシングワの貢献からアネルカが追加点を奪い、敵地で2−0の完封勝利を収めています。


<スターティング・メンバー> 
                
             ドログバ

マルーダ  ランパード   バラック    カルー

              ミケル 

A・コール   テリー    アレックス   ボシングワ
              ツェフ

前半8分。
バラックが放った右足のミドルシュートはGKがゴール上で弾き、クロスバーの上へと外れます。

前半14分。
中盤のランパードが縦へと出したループパスを、飛び出したドログバが胸トラップで受け
ボールが地に着く前に右足を突き出しますが、このシュートは目の前のGKが良く阻みます。

■前半35分。
ボシングワからの縦パスをペナルティエリア手前のカルーが右サイドへと直接叩き
さらにランパードがダイレクトでペナルティエリア右へとクロスを放り込みます。
そしてそのまま走り込んでいたボシングワがこれを胸トラップで受けて右足のシュートを放ち、
相手DFも触ったもののゴール左へと決めて、チェルシーがここで先制点を奪います。


<ハーフタイム>

カルーがここで下り、アネルカが入ります。

後半3分。
相手DFの安易なパスミスをカットしたマルーダがペナルティエリア手前からすぐさま
左足の鋭いシュートを放ちますが、これはGKが右手でよく弾き、ボールは更にクロスバーを叩きます。

後半15分。
ストーク・シティの右CKのクロスからペナルティエリア中央のコートが放った
ヘディングシュートは、ゴール左前のミケルがヘッドでよく跳ね返します。

後半28分。
ドログバがここで下り、ベレッチが入ります。

■後半31分。
右サイドのボシングワがペナルティエリア中央へと放り込んだ鋭いクロスを
相手DFが胸トラップで阻みますが、このこぼれ球を後ろのアネルカが右足で叩いて
ゴール左下へと決めて、チェルシーが追加点をものにします。

後半44分。
バラックがここで下り、フェレイラが入ります。

試合終了(2−0)。


<全出場メンバー>

■チェルシー(4−1−4−1)
ツェフ
ボシングワ、アレックス、テリー、A・コール
ベレッチ
カルー(アネルカ h-t)、バラック(フェレイラ 89分)、ランパード、マルーダ
ドログバ(ベレッチ 73分)

■ストーク・シティ(4−4−2)
ソレンセン
グリフィン、コート、Ad・ファイェ、ヒギンボトム
ローレンス(トンゲ 65分)、ディアオ、オロフィンジャナ、クレスウェル
キットソン(フラー 52分)、シディベ(Am・ファイェ 79分)

印刷用ページ このニュースを友達に送る
Chelsea goods