メインメニュー
検索
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

試合結果 : アレックスの先制点でチェルシーが5−0の完全勝利。
投稿日時: 2008年11月02日 (1310 ヒット)

プレミアシップ第11戦。
本拠地スタンフォード・ブリッジにサンダーランドを迎えたチェルシーは、J・コールが多くのゴールに絡んで
アレックスとランパードがゴールを決め、更にアネルカはハットトリックと、5−0の大勝を飾っています。


<スターティング・メンバー> 
                
               アネルカ

マルーダ   ランパード     デコ     J・コール

               ミケル 

A・コール    テリー     アレックス   ボシングワ
               ツェフ

前半16分。
右サイドから切り込んだJ・コールのパスを受けたデコは、そのままペナルティエリア手前から
巧みに右足のシュートを放ち、これがクロスバーを直撃します。

■前半26分。
ランパードからの縦パスを受けたペナルティエリア内右のJ・コールが、巧みな切り返しから
左足の低いシュートを放ちます。そしてこれをゴール右下でGKが阻みますが
ゴール前へとこぼれたボールを、ここまで上がって来ていたアレックスが押し込んで
チェルシーが先制点を奪います。そしてCBアレックスのこのゴールが
チェルシーの記念すべき通算1000ゴール目となりました。

■前半29分。
デコの縦へのスルーパスからペナルティエリア内右のJ・コールが直接クロスを送り
ここもまたゴール前へと上がっていたアレックスがスライディングで滑り込んで合わせます。
そしてそのままでもボールはゴールに向かっているようでしたが、これをアネルカが
確実に蹴り込んでネットを揺らし、チェルシーが早くも追加点を決めました。

前半36分。
足を痛めてしまったA・コールがここで下り、ブリッジが入ります。

■前半ロスタイム。
左サイドから中央へ切り込んだJ・コールからのパスを、ペナルティエリア手前のランパードがダイレクトで
正確に前へと送り、エリア中央のマルーダが今度は右隣りへとこれもダイレクトでパスを送ります。
そしてこれをアネルカが右足でしっかりゴール右下へと押し込み
サンダーランド守備陣を完全に崩したチェルシーがここで3点目を奪います。


<ハーフタイム>

■後半6分。
後方のミケルからの長いスルーパスを右サイドで受けたJ・コールは、そのまま相手DFをかわしながら
ペナルティエリア内右深くへと侵入し、緩やかで正確なクロスをエリア中央へと放り込みます。
そしてジャンプしたランパードがこれをヘディングシュートでゴール左下へと決めて、チェルシーが4点目。
更にランパードはこれがプレミアリーグでの記念すべき100ゴール目となりました。

■後半7分。
後方のテリーからの長いパスを受けた左サイドのマルーダが、ペナルティエリア左へと進入して
ペナルティエリア中央へと低いパスを送ります。そして走り込んで来たアネルカが右足で合わせたシュートを
GKかなんとか触りますが、宙に浮き上がったボールはそのままバウンドしてゴールへと吸い込まれ
アネルカがハットトリックを達成し、チェルシーがここで5点目に到達します。

後半19分。
J・コールがここで下り、ドログバが復帰を果たします。

後半29分。
アネルカがここで下り、ミネイロがチェルシーデビューを果たします。

試合終了(5−0)。


<全出場メンバー>

■チェルシー(4−1−4−1)
ツェフ
ボシングワ、アレックス、テリー、A・コール(ブリッジ 36分)
ミケル
J・コール(ドログバ 64分)、デコ、ランパード、マルーダ
アネルカ(ミネイロ 74分)

■サンダーランド(4−4−2)
フュロップ
シンボンダ、ノスワージー、ファーディナンド、マッカートニー
マルブランク(ヘンダーソン h-t)、ホワイトヘッド、タイニオ、リチャードソン
ジョーンズ(シセ 57分)、ワグホーン(ディウフ h-t)

印刷用ページ このニュースを友達に送る
Chelsea goods