ブログカテゴリ一覧
メインメニュー
最新の記事
最近のコメント
月別過去ログ
検索

2008年4月27日(日曜日)

マンU戦を終えて。〜直接対決を制して〜

カテゴリー: - はだし狼 @

素晴らしい勝利でした。勝点で並んだのももちろんですが
この直接対決を制してくれた事、そして何よりチェルシー本来の強さが見れたの嬉しかったです。
チェルシーは最初から全開でかなり気持ちが入っていましたね。
全員がボールへの意欲を示し、その処理もとても迅速で前半は最高のパフォーマンスでした。
主将テリーや休養十分のエッシェンを始めとして、カルーもミケルもA・コールもフェレイラも
いつも以上に積極的で、この直接対決への意欲やランパードのための想いが伝わって決ました。

主力を何人か温存してたとはいえマンU相手のあの姿勢と絶え間無い攻勢ぶりに
改めてチェルシーの強さを感じることが出来ましたし
前半の終盤でついに奪ったゴールシーンは素晴らしいものでした。
J・コールが右サイドを駆けて相手の守備陣の注意を綺麗に引きつけてくれましたし
ドログバのクロスもバラックの動きとそのヘッドも完璧でしたね。
さらにゴール後の選手たちのパフォーマンスは感動ものでしたし
ランパードももし試合を観ていたら、少しは元気になったかも知れません。

そして1点リードで折り返した後半のチェルシーは、少し落ち着いてしまった感があり
そんな中、カルバーリョが警戒心が緩み手痛いミスをしてしまいました。
ルーニーのゴール左を開ける動きとその決定力も流石でしたが、やっぱり嫌な失点の仕方でした。
ただカルバーリョはその分を取り戻そうと、積極的に攻撃に参加しゴールを狙いましたし
またドログバやバラックがチームに前に進むよう焚きつけてくれたのも頼もしかったです。

ちなみにFKをどちらが蹴るかで公然と争ったこの2人ですが、
ドログバとしてはやっぱりチームのエースとしての自負もあるでしょうし
何より1つ前ではバラックに譲ってるだけにあの憤慨も当然なのかも知れませんね。
ただバラックもFKは自慢の武器ですし、あの位置なら絶対の自信があったんでしょう。
そしてバラックはその後の責任が懸かる重要なPKも見事に決めてくれましたし
いつも確実に沈めてくれるランパードがいない中、その存在はとても大きいものでした。
あのゴールでドログバとも和解し、試合終了後には再び笑顔で健闘を称えあったりと
目指しているものはやはり同じですし、これでさらに絆が強固になったと思いたいです。

またその貴重なPKを誘発したクロスを送ったエッシェンも
右サイドバックへ移ってからもその突進力は衰えまえせんでしたし
最後のマンUの反撃ではA・コールに加えシェフチェンコまで窮地を救ったりと
まさにチーム全体でものにしたチェルシーらしい最高の勝利でした。
残り2試合でマンUが勝点を落とすかはまだ分かりませんが
この勝利はやっぱりチェルシーにとって大きな自信になったでしょうし
これを維持するためにもぜひこのまま勝利を重ねてリーグ戦を終えてくれる事を期待しています。

そして次はリバプールとのCL準決勝の後半戦です。
前回幸運に恵まれたとはいえ気は抜けませんが、ここも本拠地スタンフォード・ブリッジですし
チェルシーにはその大歓声とこのマン戦の勝利に勢いに乗って
引き続きその強さを発揮して欲しいですし、ぜひ待望の決勝進出を成し遂げて欲しいです。


2008年4月24日(木曜日)

リバプールとの第1戦を終えて。

カテゴリー: - はだし狼 @

敵地アンフィールドから大事なアウェーゴール&引き分けをお持ち帰りです。
その貴重な同点ゴールを土壇場で決めてくれたのはまさかのリーセでしたが
予想外の贈り物というのはやっぱり嬉しいものですね。

それにしてもアンフィールドの大歓声と状態の良いリバプールに圧迫されてか
この試合のチェルシーの選手たちはそれぞれ良いプレーと悪いプレーの差が激しかったですし
失点後の戦いぶりや姿勢からは1−0の敗北も許容範囲に考えているのが伝わって来ました。
そんな中、守護神ツェフが何度もさらなる窮地を救ってくれましたし
最後のオウンゴールもあの奮戦ぶりに対するご褒美なのかも知れません。

また厳しい状況ながらもチームに戻ってきてくれた
副将ランパードは休んでいた分、完全ではありませんでしたが
相変わらず絶妙なそのパスセンスを何度も見れましたし、やっぱりとても頼もしい選手ですね。
ギリギリでこの試合に間に合ったバラックは無理せず後半途中で下りましたが
中盤で落ち着いた巧みな足技を見せたりもありましたし
ランパードからはFKのクロスの標的としてすっかり信頼されています。

ドログバも2試合連続欠場していたので心配でしたが
前半はその強さを上手く活かしていて安心しました。
失点後は少しダレてしまったように見えましたが、表情には余裕がありましたし
次の第2戦目では本領発揮してくれそうで期待しています。

また途中交代で入ったもう1人のコートジボーアル人FWこと
カルーも粘り強く上げたクロスで土壇場のゴールをよく誘発してくれましたね。
この対決を応援してくれているモウリーニョ監督もチャンピオンズリーグ制覇には
幸運も必要だとかつて言っていましたし、チェルシーには第2戦で今回の幸運と
本拠地スタンフォード・ブリッジの利を活かし、ぜひ待望の決勝進出を果たして欲しいです。

そしてその前にマンUとの直接対決がありますが、ここもホームですし
2戦連続ゴールを決めているエッシェンも力をさらに蓄えているはずなので
チェルシーには優勝の可能性はもちろん、来季への自信を考えても
ぜひ勝利を飾ってくれることを期待しています。

 
※追記
24日午後にランパードのお母さんのパットさんがお亡くなりになられました。
心からお悔やみ申し上げると共にご冥福をお祈り致します。


2008年4月19日(土曜日)

エバートン戦を終えて。

カテゴリー: - はだし狼 @

今回は最後まで守り切り、見事に勝点3を持ち帰ってくれました。
チェルシーはこの前のウィガン戦の影響が感じられた内容でしたが
エバートンも強豪らしく良い守備を見せていましたね。
アネルカはいつも通りボールを貰いに中盤まで下ってくれたものの
相手のチェックがとても早くて厳しく苦労してましたし
また好調J・コールもこの試合は流石に疲労の色が感じられました。

その為どうやって切り崩すのかが課題でしたが、そんな中、
完全なコンビネーションとはならなかったものの、素早いパス回しを切り口に
怪物エッシェンが迫力ある飛び出しからGKをかわす落ち着いたフィニッシュで
2戦連続の貴重なゴールを叩き込んでくれました。

またシュートは楽に打たせて貰えませんでしたが、中盤起用のSWPは
そのスピードを活かして、DFラインの後ろへと素早い飛び出しを見せていましたし
そこへ鮮やかなパスを送っていたカルーの、わずかなスペースを巧みなドリブルで
縫って進む姿は、この厳しい試合の中で頼もしかったです。

一方、エバートンはフェルナンデスが何本かシュートが打ってますが
可能性があったのは最初のFK位でしたね。それもツェフが守ってくれましたし
カルバーリョが鋭いスライディングで迅速な対処を見せたりと
主将テリーと共に堅陣を敷きチャンスは与えませんでした。

それでも厳しい試合でしたが、だからこそ今回は油断も無くしっかり守り抜いてくれましたし
試合終了後にテリーやカルバーリョを中心に守備陣が輪になって称え合う姿からは
やはりまだリーグ優勝を信じているのが伝わって来て、とても嬉しかったです。
これで来週の土曜はついにマンUとの直接対決ですし、チェルシーには
ぜひ本拠地スタンフォード・ブリッジで、この今季最大の一戦を制して欲しいです。

そしてその前には敵地アンフィールドでリバプールとのCL準決勝の第1戦があります。
チェルシーはランパード、ドログバ、バラックが出場できるか分かりませんし
さらに活躍を続けるエッシェンが出場停止と厳しい状況ですが
念願の欧州制覇のためにも、ぜひここも吉報を届けてくれる事を期待しています。


2008年4月16日(水曜日)

ウィガン戦を終えて。〜ヒュー・グラント観戦の巻〜

カテゴリー: - はだし狼 @

最後でやられてしまいましたね。まさかの勝点1でした。
この試合、GKカークランドを始めとしてウィガンが最後の所で粘り
なかなかゴールを割る事ができませんでしたが
それでも意気消沈せずに1点を奪うまで畳み掛けた後半の選手たちの
意欲と姿勢は頼もしかったですし、モウリーニョ監督がいた頃のような
そのチェルシーらしい強さには懐かしさまで覚えました。

そしてその後も迫力ある攻撃を見せたチェルシーですが
またまた追加点は奪えず、ロスタイムにはついに痛恨の一撃を受けてしまいました。
あの土壇場のゴールはウィガンも見事でしたが、チェルシーは今も選手たち1人1人が
よく守備をするとはいえ、やっぱりモウリーニョ監督の時ほどの組織力と徹底ぶりはありませんし
こういう事も不思議ではないのかも知れませんね。

グラント監督はとっておきのJ・コールを後半開始と同時に投入してくれたのは
良かったんですが、失点した時には頭掻きすぎで動揺しすぎでした。
追いつかれたにも関わらずその姿にちょっと笑ってしまいましたが
指揮官としてはもう少し堂々としていて欲しかった所です。

J・コールの存在は今日も大きかったですね。
とても鋭さがありましたし、試合を変える様はまさにヒーローでした。
カルーはその能力を披露しつつ最近は表情も逞しくなって来た気がします。
そしてアネルカはポストプレーでアシストしてくれましたし、
チームプレーヤーとして見事な判断力を見せてくれていました。
後は少し丸まってしまってるその牙をもう1度研ぎ直してくれるのを待つのみです。

そして急遽欠場となったランパードの代わりに、右SBでは無く
本来の中盤で活躍したエッシェンは見事なゴールを決めてくれました。
主将テリーは攻撃でも脅威となってあの猛攻を支えてくれましたし
フェイスガードがあるとはいえリスクを犯して出場したツェフは
そのダイナミックなプレーから本当に出場したかったというのが伝わって来ました。

そのツェフのためにもあのまま無失点に抑えて勝って欲しかったんですが
チェルシーにはその分も次のエバートンとのアウェー戦でぜひ勝利を持ち帰って欲しいです。
ランパードが出れるかはまだ分かりませんし、ドログバも膝の状態は気になりますが
SWPをからかっていたあの明るい表情からぜひ出場できる事を期待しています。
マンUはアーセナルを下し、また直接対決を含めて残り4試合と
リーグの状況は厳しいですが、ここで諦めるのはやはり勿体ありません。
今回の試合の様に最後まで何が起こるか分からないのがこの世界ですし
チェルシーにはぜひ最後まで信じ続けて残り全てを勝利で飾って欲しいです。


2008年4月10日(木曜日)

フェネルバフチェとの第2戦を終えて。〜ベスト4進出〜

カテゴリー: - はだし狼 @

チェルシーが今年もベスト4進出を決めてくれました。
予想以上に苦労した分、やっぱりとても嬉しいです。
この試合、まずは1点を決めなきゃ始まらないチェルシーは
1手1手に集中していて最初からゴールへの意欲が強く伝わって来ました。
そんな中、オリンピアコス戦同様にランパードの正確なクロスから
バラックが見事なヘッドで貴重な先制ゴールを決めてくれましたね。
最近のバラックのシュートはほとんど枠を捉えていて、本当に集中しているのが分かりますし
マンC戦で温存されただけあって、90分を通して頼もしい奮戦ぶりでした。

ただその後のチェルシーはやはり失点の不安からか、自分たちから守勢に回ってしまいました。
この前の勝利で自信を得たフェネルバフチェの堂々ぶりに対し
チェルシーはセットプレーでの守備は相変わらずヒヤヒヤものでしたし
さらに不運が続くツェフに続き、クディチーニがまさかの負傷でGKの途中交代と
観ているこっちもかなり緊張させられました。
それでも前線のドログバから後方のテリーまで全員が頑張って守り抜いてくれましたし
またも重要な一戦でお呼びがかかったイラリオも再び良い仕事をして
改めてチェルシーGK陣の層の厚さを示してくれました。

そしてついに待望の追加点が生まれた時には、それまでの疲れも一気に吹き飛びました。
イライラしてイエローカードを貰ってしまい、次は出場停止のエッシェンですが
値千金の突破で、大きな置き土産を残してくれました。
力ずくというのがまた凄かったですし、エッシェンの落ちない運動量と
強靭さはやっぱり終盤になればなるほど相手にとって脅威になりますね。

またその2点目を沈めたのはランパードで、珍しくパスミスが目立ったものの
そのクロスと前線への飛び出しで終わってみれば2ゴール共に絡んでいますし
チームが厳しい時にやっぱり何かをやってくれる選手です。
チェルシーの象徴の1人ですし、何より数多くの能力を高いレベルで備えているだけに
モウリーニョ監督が決して外さなかった理由も改めて分かります。

途中交代で入ったスタミナ充分のマルーダも前線で強さを発揮して
効果を上げていましたし、グラント監督もいい采配をしましたね。
最近は動くのが早くなっていますし、監督も試合と共に成長しているのかも知れません。
そして次の準決勝は2度苦杯を舐めさせられているリバプールが相手ですが
監督が変わっている事でまた新たな気持ちで挑める事を期待していますし
今年は2試合目をスタンフォード・ブリッジで行えるので、ぜひ今度こそ決勝へと到達して欲しいです。

そして次のチェルシーはプレミアリーグに戻り、ウィガンとのホーム戦です。
14日(月)と少し間がありますが、その後にはすぐエバートンとのアウェー戦がありますし
チェルシーにはぜひ迅速に試合を決めてくれる事を期待したいです。


2008年4月7日(月曜日)

マンC戦を終えて。〜マンUとの勝点差3〜

カテゴリー: - はだし狼 @

2試合連続のオウンゴールでの先制でしたが、今回はなんとか追加点を奪ってくれました。
スタートは良かったものの、途中からは凡ミスや余計なファールが多くなり
フラストレーションが溜まりましたが、流石のグラント監督も珍しく早い采配に踏み切り
見事に功を奏しましたね。本当はもっと休ませたかったはずですが
J・コールが入った事によってチームの歯車が噛み合い出しましたし
やっぱり今のチェルシーにとっては、まさに必要不可欠な存在になっています。

また追加点自体はそのJ・コール投入が影響を与える間も無く生まれましたが
あの交代と同時に、明らかに1人1人が粘り強さを見せたりと気を引き締め出しました。
いつも遅いだけに余計に効果があったのかも知れませんが
改めて監督がチームへ意志を示すことの重要性を感じられた試合でした。

そしてやっとオウンゴール以外の得点を見せてくれたのはカルーでした。
前半は必殺(?)のチャンス台無しのシーンがありましたが
エッシェンとの見事な連携で待望の追加点を奪ってくれましたし
GKも瞬時にかわしたそのボールコントロールはやっぱり卓越してますね。

また今日は中盤に戻ったそのエッシェンはほとんどのチャンスに
顔を出していましたし、その迫力ある前線への飛び出しで
ラストパスを送ったアネルカと共にオウンゴールを導いてくれました。
そのアネルカはGKの好プレーにゴールは阻まれたものの
相変わらずチームプレーを優先してましたし、ボールを持てば
何かやってくれそうで、やっぱり特別な雰囲気を備えています。
そしてこの試合はランパードもそのパスセンスを随所で見せたりと
病気の影響も無くなって来てるのが大きいですね。

守備ではA・コールが得意のゴール下でピンチを救ってくれましたし
敵地のど真ん中、FKの位置をごまかし過ぎて大ブーイングを受けてたのには
笑ってしまったものの、その姿勢も頼もしかったです。
テリーは相変わらず体を張っていましたし、気を吐くペトロフの
素晴らしい一振りは、クディチーニがよく防いでくれました。
あと出番は少なかったものの、途中交代で入ったフェレイラが
その残りわずかな時間でいい気迫を見せていました。

ちなみにアーセナルが首位の時に引き止めてくれたミドルスブラが
今度はマンUから引き分けをものにしてくれて、勝点差がついに3となりました。
追われるマンUにとってこの差は余計にプレッシャーがかかるでしょうし
疲労が溜まっているチェルシーにはこの吉報を力に
さらにモチベーションを上げてくれる事に期待しています。

そしてチェルシーは次は再びのフェネルバフチェ戦です。
勝利が最低条件なこの試合、温存されて不敵な面で観戦していた
ドログバの奮起をやっぱり頼りにしていますし、本拠地スタンフォード・ブリッジの
声援を後押しに、チェルシーにはぜひベスト4進出を決めて欲しいです。


2008年4月4日(金曜日)

フェネルバフチェとの第1戦を終えて。

カテゴリー: - はだし狼 @

前半の試合内容からは思いもよらぬ逆転負けでした。
またも追加点を奪えず、先日のミドルスブラ戦のツケが回ってきた感じです。

前半のチェルシーは各選手がいい距離感を保ちながら連動していましたし
両サイドから絶え間なくフェネルバフチェにプレッシャーをかけていました。
先制となったオウンゴールもその賜物でしたし、その後にはエッシェンの弾丸ミドルや
ドログバがゴールを強襲したりと追加点の可能性を匂わせていました。

そのエッシェンの右サイドを徹底的に駆け上がる姿と迫力は頼もしい限りでしたし
DFを引きつけてくれたりと、J・コールも道を切り開く手間が楽になってましたね。
そして久々の登場となったマルーダは鋭いクロスで先制点を誘発してくれました。
先日のイングランド戦でも戦う姿勢を見せて良いプレーをしていましたし
マルーダにもぜひこのシーズン終盤で本領発揮して欲しいです。

しかし両チームの実力差を感じる内容だったというのと、さらにあの先制点の幸運もあってが
その後のチェルシーの選手たちはだんだんとゴールへの集中力や丁寧さを失ってしまいます。
クロスは精度を欠くものばかりとなり、前半は周りがとても良く見えていた
ドログバは強引に自分のシュートを選択するシーンが増え出しました。

このまま1−0の勝利でも充分という雰囲気をチーム全体に感じましたが
そんな中、ジーコ采配炸裂のフェネルバフチェが初の決定的チャンスをものにして
同点に追いつき、ついにはチェルシーにとってラッキーボーイだったはずの
デイビッジに名誉挽回となる見事な逆転弾を叩き込まれてしまいました。

アウェーゴールも手にしてますし、ベスト4進出への可能性は充分に残ってますが
特にチャンピオンズリーグでは何が起こるかは分かりませんし
やっぱり勝てる試合を落としてしまったというのが残念です。
今回の手応えから選手たちやグラント監督は自信はあるみたいですが
本拠地スタンフォード・ブリッジでの第2戦ではぜひしっかりと勝ってくれるのを期待しています。

そしてチェルシーはその前の5日にプレミアリーグのマンC戦が待っています。
引き続き敵地での連戦ですが、今季はホームで6−0と最高の結果をものにした相手ですし
チェルシーには今度こそ失速せず、確実に勝点3を持ち帰って欲しいです。


2008年4月1日(火曜日)

ミドルスブラ戦を終えて。

カテゴリー: - はだし狼 @

終盤はだいぶ冷や冷やさせられましたが、なんとか勝点3獲得です。
最近のチェルシーの守備では1点のリードだけではやっぱり心許ないですし
できるだけ早く追加点が欲しかったんですが、チェルシーはランパードの不在で
中盤の構成が大きく変わったりと、パフォーマンスが安定していませんでしたね。

それでも余裕の流れでしたが、後半途中からは疲労の影響かミスがミスが呼び始め、
またチャンスを決め切れなかったりと、自分たちからミドルズブラを元気づかせてしまいました。
その狼煙となったのがあのアルヴェスのポスト直撃でしたし
終盤の立て続けのクロスバー直撃には、絶叫マシン以上のスリルを味わいました。

ただチェルシーも途中交代で入ったSWPが、いきなり大きなチャンスを連続で見せてくれました。
出場機会が減っている為か、その決定力も以前の状態へと後戻りしてしまいましたが
J・コールとの息は相変わらずぴったりですし、またやっぱり中盤の方が良いプレーを見せてくれますね。

そしてこの試合の決勝点を挙げたカルバーリョのゴール左へと正確に決めた
ヘディングシュートは見事でしたし、何より今日も頭を痛めながらも
果敢に戦ったその闘志はやっぱり頼もしい限りです。
また正確なクロスでアシストしたブリッジは、試合を通して人一倍
運動量を惜しまずに頑張っていたのが伝わって来ました。

これでチェルシーは次はCL準々決勝ことフェネルバフチェ戦です。
ランパードの状態とツェフの復帰が延期になっているのは気になりますが
やっぱり2人共にチェルシーの中核を担う存在ですし、なんとか間に合って欲しい所です。
そして厳しい敵地という事もあり、引き分けでも御の字なのかも知れませんが
チェルシーならここも勝利を目指し、ぜひ吉報を届けてくれる事を期待しています。


Treasure