ブログカテゴリ一覧
メインメニュー
最新の記事
最近のコメント
月別過去ログ
検索

2009年2月27日(金曜日)

ユベントス戦との第1戦目を終えて。

カテゴリー: - はだし狼 @

強敵ユベントス相手の嬉しい勝利でしたね。ヒディング監督は不満が残ったみたいですが
大きなピンチと言えるのは懐かしのティアゴのスルーパスによる前半の一度くらいでしたし
1−0の完封に抑えてくれたのは、アストンヴィラ戦に続き、かつてのチェルシーらしさを覚えました。

この試合、相手が前がかりになっていた敵地でのヴィラ戦とは違い、守備の堅いユベントスとの
ホーム戦という事で注目だったんですが、チェルシーは今回も最前線のドログバやDFラインの
後ろのスペースを一気に狙うシーンが多くて、鋭さやダイナミックさが感じられましたし
相手が引いた時にはA・コール&ボシングワのサポートを活かしつつ両サイドから
特にカルーの右サイドを中心にユベントス守備陣へとプレッシャーをかけていました。

それが効いていたのか、そのカルーの右サイドと見せかけて縦へと出した意表を衝くスルーパスが
鮮やかに決まりましたし、これをヒットマン・ドログバが本来の勝負強さで見事に仕留めてくれましたね。
ドログバは他にもDFの前を取る動きから何度もゴールを脅かしていたり等、その戦う姿から改めて
この欧州制覇に懸ける想いが伝わって来ましたし、その強い気持ちとここ最近の復調の兆しが
まさにしっかりとマッチしたような印象を受けました。

そして値千金のアシストをした好調カルーも、いくつもの良い動きを見せていましたね。
相変わらず頼もしかったですし、アネルカはコートジボアール人コンビほどの存在感は
今回は無かったものの、終盤に放った惜しいミドルからはそのパンチ力が十分に感じられました。

また新監督からの命題である最前線からの守備を選手たちが早速実施したり
ロングボールやミドルパスを再び多用するようになった事によって
ユベントスに難しい仕事を強いていましたし、今回もまたヒディング効果が伝わって来ました。
そのおかげでサイドチェンジを始めとする、ランパードのあの精度の高いパスも
再び頻繁に活かされるようになったのはとても嬉しいです。

更にヒディング新監督は、嫌な流れになりつつある所でのあのマルーダ投入の
タイミングは流石でしたし、それまで右サイドから何度もクロスを入れていたマルキオンニを
そのマルーダがケアした事によって、完全に打ち止めにする事ができたのも効果的でした。
またバラックを下げて、若手マンシエンがチャンピオンズリーグ・デビューを果たしましたが
バラックはイエローを抱えながらハードワークをこなしていて退場の可能性もあっただけに
これもまた的確な采配でしたし、そのトップチーム2試合目となったマンシエンは今回は中盤でしたが
素早いプレスで一気に間合いを詰めたり等、前回の右SBよりもだいぶ上手く仕事していましたね。
マンシエンにはこれを自信にぜひ次の機会も頑張って欲しいですし、この若手と久々の試合だった
マルーダを、この重要な試合&時間帯に効果的に起用したヒディング采配にはやはり凄さを感じます。

まだ何が起こるか分らない点差ですが、アウェーゴールを与えなかったのはやっぱり大きいですし
ヒディング監督に今回の反省点を改善して貰いつつ、次のトリノでの2戦目ではぜひチェルシーに
このままベスト8進出を決めて貰いたいですね。引き分けでも勝ち進める状況ですが
ベテラン揃いのユベントスだけにこのままただで終わるとは思えず、特にネドベドのハンドも
躊躇しないその執念には怖さを感じましたし、チェルシーにはアウェーゴールを活かしながらも
ぜひ勝ちに行く気持ちで挑んでくれる事を期待しています。

これでチェルシーの次の試合はプレミアリーグに戻り、ホームでのウィガン戦です。
アストンヴィラ、ユベントス、と厳しい試合を立て続けにものにしたヒディング監督率いる
この新生チェルシーに、やはり首位マンUも何かを感じ始めているかも知れませんし
それを確実にプレッシャーに変えるためにも、チェルシーにはこの試合もぜひ勝利を飾って欲しいです。


2009年2月23日(月曜日)

アストンヴィラ戦を終えて。

カテゴリー: - はだし狼 @

リーグ13戦無敗だった躍進中のアストンヴィラ相手に、そして鬼門ヴィラパークが舞台に
10年ぶりの勝利と、ヒディング新監督にとって文句無しのスタートとなりましたね。
また、まだリーグ3位ですが自力で順位を入れ替えてくれましたし、何よりその戦いぶりや
試合終了後に選手たちが集まって称え合っていた姿から、チェルシーらしい一丸ぶりが
伝わって来たのが、とても嬉しいです。

そして注目のヒディング・チェルシーですが、やはりシーズン途中という事もあり
スコラーリ監督の築いて来たチームをベースにしつつも、そのプレースタイルは
早速、変化が見れられましたね。これまでのようにパスを回してじっくり攻めるのでは無く
よりシンプル&ダイレクトにもっと速いペースで攻めていて、より効率的になっていましたし
ツェフからの直接のロングボールも改めて解禁され、この新生チェルシーの姿に開放感を覚えました。
更に選手たちの動きからは早くも機能性・規律性が感じられましたし
特に前半はドログバ、アネルカ、カルーが下った時とランパードやバラックが上がった時の
連動性が見事で、そこにミケルや両SBのボシングワとフェレイラが程好く補佐していました。

中でもランパードとバラックの2人の動きは素晴らしかったです。
ランパードはやっぱりチームを中心となって機能させいてましたし
そしてあのゴールに繋げた電光石火のチャンスメイクは天下一品でしたね。
またバラックもそのゴールシーンで前線に飛び出して相手の注意を分断させたりと
積極的に適所に動いて仕事を果たしていましたし、更に試合の最後には途中交代で入った
デコの鮮やかな左サイドの突破から、バラックらしいダイレクトボレーが火を噴いて
ワールドクラスの称号に相応しいこのMFたちの競演には胸が躍りました。

そしてワトフォード戦のハットトリックに続きゴールを仕留めたアネルカは
今回もまた文句無しの決定力でしたね。とても頼もしい限りですし、このままゴールを重ねて
チームの勝利への貢献と共にぜひリーグ得点王も飾って欲しいです。
一方のドログバは守備時は危ない場面を防ぎ、攻撃時には左サイドを上手く突破したり
得意のポストプレーで力を発揮していました。またそのドログバとのワンツーでチャンスを作った
ボシングワは、前回は疲労でお休みしていて、スコラーリ監督の解任直後だっただけに心配でしたが
相変わらずの頼もしさで安心しましたし、左SBで起用されたフェレイラも今シーズンは例年以上に
出番が少ないにも関わらず、安定した仕事ぶりを見せてくれていました。
ちなみに今回はストッフの出番はありませんでしたが、マンシエンと共にベンチにはしっかり
入っていましたし、その言葉通りにヒディング監督も引き続き若手も起用してくれるようで嬉しいです。

後半に入って運動量が減ってしまうという今季チェルシーの特徴も少し出てしまいましたが
より頑張り出したアストンヴィラ相手に、主将テリーを中心に大事な場面で良く戦ってくれましたし
最後の砦には守護神ツェフが君臨して、この見応えある一戦をよく完封してくれました。
更に新体制での初戦を白星で飾れた事や、鬼門を崩した事など、大きな勝利だったと思いますし
これが次のユベントスとの重要な戦いに向けて、強力な後押しとなる事を期待したいですね。
そしてこの第1戦目の舞台は本拠地スタンフォード・ブリッジです。
ラニエリ監督の帰還やティアゴとの再会、そして世界に名を馳せた名プレーヤーたちとの対決だけに
とても楽しみですが、敵地での第2戦目を万全に迎えるためにも、やはり出来ればアウェーゴールを与えず
チェルシーにはぜひ勝利を飾って欲しいです。


2009年2月16日(月曜日)

ワトフォード戦を終えて&ヒディング監督就任

カテゴリー: - はだし狼 @

■FAカップ5回戦突破。

一試合限りのウィルキンス・チェルシーでしたが、よく勝利の道に戻ってくれましたね。
ワトフォードのあのピッチ状態の悪さは名物らしいですし、また代表戦後、テリー&ボシングワの不在など
いくつかのネガティブ要素もありましたが、選手個々の力の差はやっぱり大きく感じましたし
フェリポン監督解任の影響なども心配せずに済みそうで、楽に観ていられました。

ただワトフォードの選手たちも頑張っていましたね。チェルシーはシンプルな形でいくつか
良い攻撃を見せていたものの、構えられると相手の守備に簡単に引っかかてしまう事が多く
今回もなかなかゴールに届きませでしたし、ワトフォードにまさかの先制をされた時には
またこのパターンかと思い、流石に少しドキドキさせられました。

しかしあれでチェルシーの選手たちも目を醒ましたかのようにより強い反応を示してくれましたし
その6分後にはイバノビッチがよく競り合ったこぼれ球を、アネルカがオーバーヘッドで上手く押し込んで
同点にし、更に2分後にはそのアネルカの今度はヘッドで逆転と怒涛の逆転劇を見せてくれたのは
嬉しかったです。そして守護神ツェフのスーパープレーの後には、またもアネルカがこれも文句無しの
決定力でハットトリックと試合を決めてくれて気持ちの良い勝利を飾ってくれました。

それにしてもアネルカはスイッチが入ってしまい凄かったですね。
これで今季2度目のハットトリックとなったアネルカですが、前半にもドログバとの連携から
ゴールポストに阻まれる惜しいシーンがありましたし、他にもそのプレーは安心して見てられました。
最近読んだサッカー雑誌のインタビューではあのロッベンも、アネルカがドログバから
ポジションを奪った事に驚き、チェルシーのタイトル奪還の鍵を握る選手として挙げていただけに
ぜひその読みが当る事に期待したいですし、かつて天才と呼ばれたその真の力を更に見せて欲しいです。

またそのアネルカとドログバが何度かいい感じで絡んだりと、共存の可能性を示したのは大きいですし
そのドログバはゴールは無かったものの、どこからでも狙えるその凄さを垣間見せ、2点目のシーンでは
意表を衝くヒールパスで相手を欺き、A・コールが狙い済ましたクロスを上げる時間を与えています。
更にアフリカ最優秀若手にも選ばれたカルーは、3点目のゴールシーンを含め、その軽やかなフェイントで
何度も相手DFを引きつけたりと重要な働きをしていて、相変わらず好調そうで頼もしいです。

そしてスロバキアのA代表デビューを果たしたストッフもまた出番を貰い、周りのビッグプレーヤーたちが
チームの一員として躊躇無くボールを渡す中、ストッフ自身もそれに落ち着いて応えていて
改めてその気骨を感じました。相手を警戒させるその鋭い動きにはやはり何かやってくれそうな
ワクワク感を覚えますし、今回はパスの狙い所でもそのセンスを見せていて、フェリポン監督が
残してくれたこの遺産の今後がますます楽しみです。

あと、マンシエンがついにトップチームデビューを飾りましたね。まだ周りと呼吸が合わないシーンが
目立ったものの、攻撃を始めとしていくつか良いプレーも見せていましたし
今度は本職のセンターバックでのプレーも観てみたいです。
そして指揮を執ったウィルキンス・コーチは、しっかり正装して来たのが微笑ましかったですし
采配も見事に的中しましたね。ちなみにジャンルカ・ヴィアリ体制の時もコーチだったウィルキンスは
そのヴィアリ監督解任後の2試合を指揮し、その時は1勝1敗だったらしいです。

一方、敗れたワトフォードはランパード・シニアやブレンダン・ロジャーズ監督など、
チェルシーと縁の深いクラブですし、今日の戦いぶりを自信にして、ぜひチャンピオンシップから
降格しないように頑張って欲しいですね。ちなみにレンタル中の若手ジャック・コークは
やはりチェルシー戦には出場できない契約になっていたとの事です。

これで次のチェルシーはプレミアに戻り、敵地でのアストンヴィラ戦です。
現在のリーグ3位&4位対決で、とても見応えのある対決になりそうですが
チャンピオンズリーグ出場権はもちろん、優勝争いに戻るためにもチェルシーには
やはり勝点3が必要ですし、ヒディング体制のこの初戦はぜひ勝利を期待しています。

   
■ヒディング・チェルシー誕生。

新監督は名将フース・ヒディングに決まりましたね。
オーナーとの関係からいつかはチェルシーの指揮を執ると思っていましたし
フェリポン監督が契約を全うした後かと見ていたんですが、わずか7ヶ月で解任となってしまい
こんなに早くその日が来るなんて流石に予想外でした。

ただ「ヒディング・マジック」をチェルシーで見れるのはやはりとても楽しみですし
シーズン終了までの期限付やロシア代表との兼任という気になる条件もありますが
オーナーを助けたいというその心意気を頼りにしたい所ですね。

またブラジルやポルトガルといった選手たちと共に成功を収めて来たフェリポン監督にとって
チェルシーのようなチームではなかなか思うように行かなかったのかも知れませんが
モウリーニョ監督に緻密な戦術を徹底させられる事に慣れていたチェルシーの選手たちは
ヒディング監督にとって相性がとても良さそうな気がしますし、そのままチェルシーが
再び戦う集団と化し、強豪との勝負強さも取り戻してくれる事をぜひ期待したいです。


2009年2月10日(火曜日)

偉大なフェリペに感謝。

カテゴリー: - はだし狼 @

悪い流れを引きずり、本来なら勝てる試合だったハル戦で引き分けたのは
モウリーニョ監督の最後の試合となったローゼンボリ戦を思い起こされましたし
この対処の鋭さに一代で財を成したアブラモビッチ・オーナーらしさも感じますが
それでも先週にはフェリポン監督が望んだクアレスマを連れて来たばかりだっただけに
やっぱり驚きの解任劇でした。

ドログバも言っていた様に立て直せる可能性はまだありましたし
何より7ヶ月間というのはやっぱり短かったですね。クアレスマの加入でポルトガル色が
更に強まりましたし、次の夏の移籍市場では本格的な補強もできたりと
フェリポン監督がどんなチームを作り上げるのか、来季以降も楽しみにしていたので
この世界王者にすら時間が与えられなかったのは残念です。

本来ならもっと南米系の選手がいれば、そのビジョンを実現し易かったんでしょうが
わずかな期間でも、数多くのゴールをチェルシーにもたらしてくれましたし
またクラブの方針なのかも知れませんが、将来有望な若手たちにも経験や自信を与えて
新たな道を切り開てくれたりと、この偉大なフェリペの多くの貢献に感謝したいです。

一方、選手たちにとっては、ただでさえ大変なシーズン途中の監督交代が2季連続となり
特に今回は更に厳しい時期で、その影響や負担が気になる所ですね。
ストーク・シティ戦の逆転劇でランパードが示したように、フェリポン監督は
選手たちからは支持を得ていましたし、代表の頃から一緒だったポルトガル勢も
多いので、クラブへの不信感に繋がらないか心配です。

ただ、リーグではアストンヴィラ戦やアーセナル戦、そしてチャンピオンズリーグの
ユベントス戦と重要な試合が待ち構えているので、あのモウリーニョ・ショックからさえ
立ち直ってくれたように、選手たちにはここも一致団結して乗り越えてくれる事を信じたいですし
クラブにはぜひ一刻も早く最適な後任を見つけてくれる事を期待しています。


2009年2月9日(月曜日)

ハル・シティ戦を終えて。

カテゴリー: - はだし狼 @

勝利を信じていただけに、がっくりくる引き分けでした。
前半は新加入クアレスマもいい感じで絡み、今季序盤を思わせるような華麗なパス回しが垣間見れたり、
多くの選手が次々に相手陣内に現れたりと、とても楽しかったんですが
一転、後半に入ってからは沈黙してしまい、かなりフラストレーションが溜まりましたね。

今シーズンはハーフタイムを挟んで単に落ち着くというよりも
運動量も明らかに減り、元気が無くなっている事が多くて気になっていたんですが
ウィルキンス・コーチの言葉通りに、前半の多くのチャンスをものにできなかった事で
選手たちがネガティブになっていたとしたら、それも納得です。

それでも最近は諦めずに攻め続けたりとホーム3連勝も飾り、特にストーク・シティ戦では
土壇場の大逆転を見せてくれて、チェルシーらしい勝利への執念が戻って来てる気がしたんですが
前回のアンフィールドでの敗戦でその良い流れを切られてしまった影響か
このハル戦のラストスパートは単調さや焦りばかりが目立ったりと
また以前に逆戻りしてしまったかのようで残念です。

やっぱり治療にはコツコツ結果を出して自信を積み重ねて行くしかありませんが
前半にはランパードの輝くパスセンスやシュートセンス、バラックの気迫のFK獲得とそのショット、
好調カルーの鮮やかなドリブル、A・コールやボシングワの果敢な攻撃参加、
そしてセットプレー時にはテリーのヘッド等、それぞれが武器を見せていましたし
現在控えのドログバやデコ、若手のストッフやディ・サントたちも含めて
フェリポン監督にはぜひ選手個々の特性を活かして、相手の堅守を崩すための対策や
オプションを更に検討して欲しい所です。

またいきなりスタメンでデビューを果たした新WGクアレスマは、その自慢の右足アウトサイドを
始めとして、らしいプレーをいくつか見せてくれましたし、更に早くも惜しいゴールチャンスがあって
やはり期待を感じさせてくれる十分なデビュー戦になりましたね。
加入したばかりでまだ控え目ですが、これからそのドリブラーとしての
真価もだんだんと発揮してくれる事を楽しみにしたいです。

そして次の試合はFAカップのワトフォード戦で、元リザーブ監督のブレンダン・ロジャーズや
ランパード・シニアとの顔合わせですが、チェルシーには親しみで油断したりせずに
ぜひここで再び勝利を取り戻してくれる事を期待しています。


2009年2月6日(金曜日)

ガエル・カクタのスーパープレー集

カテゴリー: - はだし狼 @

先月、トップチームに1度ベンチ入りしたガエル・カクタ(コンゴ人と日本人の血を引く17才のフランス人)
のスーパープレー集です。リザーブではどうやらウイングやトップ下でプレーする事が多いようです。

これらの動画に寄せられたコメントを見ると、「メッシのようだ」「フェリポン!どうして使わない」
「マルーダの代わりに使え」などと、期待の声がやはり高いようですね。
実際、動画を見るとその輝く左足を中心に素晴らしいプレーばかりですし
トップチームでそのプレーを見れる日がますます楽しみになりました。





2009年2月3日(火曜日)

リバプール戦を終えて。+新WGクアレスマ加入。

カテゴリー: - はだし狼 @

かなり残念なレッドカードでした。
審判の誤審は自然の災害と同じように避けられないものとは分かっていますし
アーセナル戦のオフサイドゴールの時も仕方ないものと納得はできましたが
今回のランパードの一発退場だけは信じられないような茶番劇でしたね。

フェリポン監督も言っていたように、それまでもリバプールの方が良い攻撃をしていたものの
チェルシーは勇気と落ち着きを兼ね備えた見事な守備で要所を抑えていましたし
また攻撃時にはシュートには至らなかったものの、リバプールが相変わらずの素早い
プレスで3人で囲んで来ても、簡単にはボールを渡さなかったりと、厳しい仕事を強いていました。
シュクルテルの表情等からもそれらが効いているのが伝わって来ましたし
そのまま試合が進めば少なくとも終盤にはそのボディブロー効果でビッグチャンスが
訪れそうな気がして期待していたんですが、そこでまさかの誤審によるレッドカードという
予測&理解不能のとても痛すぎる一撃必殺を喰らってしまいました。

あれでゆらゆら均衡を取っていた天秤が完全にリバプールへと傾いてしまい
負けたのもちろんですが、好勝負を一気に台無しにされてしまったのが凄く残念です。
ただ、チェルシーはそれでもアレックスがことごとくブロックしたり、バラックやA・コールなどが
疲労が表に出るほど頑張ったりと、選手全員が最後までよく戦ってくれました。

そして結果的には上手く行かなかったものの、フェリポン監督が今まで以上に強気な姿勢を
見せてくれたのも嬉しいです。ドログバとデコの同時投入はもちろん、攻撃に人数がかけられない中、
それだけでは難しいと見るや、ストッフの素早さに賭けたのは希望を生んでくれましたし
またその身体の大きさからも明らかに守備要員では無いあの19才WGを起用する事で
勝利を目指している意志がとても強く伝わって来ました。

ちなみにそのストッフはその厳しい状況の中、ボールを求めたドログバへのパスの判断や
動作の速さは目を見張るものがありましたし、またこういった重要な場面に使われた事で
信頼されているという気持ちや自信により繋がったかも知れませんね。そしてそのストッフと
交代となったものの、ここ最近ゴールを決めているカルーは頼もしいキープ力を見せたりと
奮戦していましたし、相変わらず好調そうなのは良かったです。

1人少なく、しかもランパード不在という状況だっただけに引き分けでも十分だったでしょうが
戦って敗れたのは無駄ではありませんし、チェルシーには決してこの敗戦を引きずらず
勝点1だけを持ち帰るよりも価値あるものを得ている事に期待したいです。
そして相変わらずビッグマッチには勝てず、これが今シーズンの運命にすら思えてしまう程ですが
ここまで来ると面白くなって来ましたし、この呪縛を跳ね除ける日が訪れるのが余計に楽しみになりました。
リーグタイトルは確かに少し厳しくなったものの、昨シーズンも最後まで諦めなかったからこそ
あそこまでもつれさせる事が出来ましたし、まだまだ強い意欲を持って一戦一戦に挑んで欲しいですね。

そして次のハル・シティ戦では再び勝利の道に戻り、本拠地スタンフォード・ブリッジでの地固めを
さらに進めて欲しいです。ランパードはこのままなら出場停止ですが、当然のように取り消される事を
信じています。また問答無用の蹴りツッコミを見せたボシングワには正直、笑ってしまいましたが
やっぱり出場停止が当然の行為でしたし、長めの連休も覚悟していましたが、まさかのお咎め無しとなり
運が良かったですね。ボシングワにはこの幸運を活かし、ハル・シティ戦ではまさにジョゼの名の持ち主に
相応しい程のその勝利への執念を、いつもの様にプレーで示してくれる事にぜひ期待したいです。
  
  

<追記>

クアレスマが加入しましたね。何の前触れも無くてビックリしました。
今季加入したインテルでは、イタリアでの年間最悪の選手という烙印を押されてしまった
クアレスマですが、一度はチェルシーでのプレーを見たかった選手だけに、正直嬉しいです。
プレミアは初となるクアレスマですが、チェルシーには祖国ポルトガルでよく知るメンバーも
多くいますし、特にフェリポン監督がこの新ウインガーをどう活かすかに注目ですね。
そしてクアレスマにはぜひ名誉挽回となる活躍をこのイングランドで見せて
チェルシーのタイトル獲得を手助けしてくれる事に期待したいです。


Treasure