ブログカテゴリ一覧
メインメニュー
最新の記事
最近のコメント
月別過去ログ
検索

2010年1月29日(金曜日)

バーミンガム退治を終えて。

カテゴリー: - はだし狼 @

チェルシーが見事に好調バーミンガムを倒してくれましたね。
アンチェロッティ監督がしっかり対策を立てて臨んだのが序盤からすぐに伝わりましたし
アウェー戦と全く同じメンバーだったバーミンガムを上手く封じてくれました。
このイタリア人指揮官の手腕も流石ですが、プラン通りにこなしていた選手たちの
仕事ぶりももまた素晴らしかったですし、ここがチェルシーがスター集団では無く
プロフェッショナルの集まりとする所以ですね。

守備ではバランスの良いポジショニングで相手のパスの経路を断ちつつ
前方からの素早いチェックで攻撃を展開させず
攻撃時は長短のパスを使い分けながら逆サイドへ、逆サイドへと流れ
それによって生じたスペースや状況に応じた多彩な攻撃を繰り出していました。

そんな中、緩から急へと転じたJ・コールが鋭い突破を果たして
値千金のアシストをしてくれましたし、その柔らかなクロスも完璧でしたね。
他にも多くのチャンスに顔を出し、ゴールは今回もお預けとなったものの
可能性や脅威を感じるものが多く、本来のジョーらしさが戻って来ているのが改めて感じます。

マルーダも確実にその先制点をものにしてくれましたし、やはりその後も頼もしいプレーを
随所で発揮してくれてましたし、またJ・コールやアネルカと同じく、守備も手を抜かずに
大きな貢献をしてくれていました。

そして追加点ではランパードが鮮やかな一撃を魅せてくれましたね。
ワトフォード戦で決めた時と同じように、一旦、右サイドに引っ張って空いた中央を
その右足で正確に射抜いてくれましたし、更に終了近くのカウンターでは、一気に駆け上がりながら
今度は左足で仕留め、改めて恐ろしいミッドフィルダーだという事を示してくれました。
どちらもランパードらしい得点シーンでしたし、これでこの1月だけで5ゴールと
今後の重要な試合に向け、その隠れストライカーとしての本能が鎌首をもたげて来たのは頼もしい限りです。

またこの試合、引き続き中盤の底を務めたデコがとても輝いていましたね。
味方がパスコースを限定してくれていてお陰で、素早く対応できたデコが何度もボールを奪っていましたし
ボール保有時には狭い所でも巧みにボールを回しつつ、その適切な判断力でパスを供給していました。
デコのカラーが今まで以上にチームに出ていて、ランパードやバラックという
世界最高峰のMFたちがしっかり共存している事に改めて感慨深く思えました。

そして後半途中には一時、押され気味な時間帯もありましたが、守備陣も頼もしい仕事をしてくれましたし
ツェフも素晴らしいセーブを魅せてくれましたね。リーグ戦では12試合、カップ戦も入れると
15試合無敗を続けて来たバーミンガムを、チェルシーが倒してくれたのはやはりとても誇らしいですし
今季唯一の無失点に抑えられ、勝点1止まりだったアウェー戦での借りを、完勝で返す事できて嬉しいです。

またこれでこの1月を全勝で飾れましたし、天候の影響でハル・シティ戦は延長となったものの
リーグでも首位を維持できてこれでドログバとの誓いもしっかり守れましたね。
コートジボワールがベスト8で敗れたのは残念でしたが、これでドログバとカルーも戻って来ましたし
これからの厳しい試合とハードスケジュールの中でも、アンチェロッティ・チェルシーには
ぜひこのままチーム一丸となって勝利を積み重ねて欲しいです。

これでチェルシーは次はバーンリー戦です。ここはアウェー戦ですが、その翌日にはマンU vs アーセナルの
大一番があって、どちらか、あるいは両方が勝点を落としてくれますし、これを無駄にしないためにも
チェルシーにはここもぜひしっかりと勝点3を持ち帰ってくれる事に期待しています。


2010年1月25日(月曜日)

プレストン戦の快勝を終えて。

カテゴリー: - はだし狼 @

チェルシーが見事、FAカップ5回戦に駒を進めてくれましたね。
序盤はプレストンの高い位置からのプレスに、思い通りに前進できませんでしたが
ジルコフが左サイドで突破口を切り開いたりと、チェルシーも次第に対応し出しましたし
負傷したベレッチに代わり入ったマルーダによって、更にチームのリズムが上がった中
良い時間帯に先制ゴールを奪ってくれました。

前半の内にゴールを決める事ができたのは大きかったですし
アネルカがまたもストライカーとしての仕事も果たしてくれましたね。
そのゴールシーンでの流れるような動きは見事でしたし、他の場面では自慢のキープ力や
巧妙な切り返しで相手守備陣を翻弄したりと、相変わらずの頼もしさでした。

パスをしっかり繋げてくれたバラックも最後までよく動いていましたし
やはり今月はエネルギーを回復できたお陰か、シーズン序盤のような運動力や
精度の高いプレーが戻って来たのが感じられます。

またこのカウンターの起点となったのはデコで、いい復帰戦になりましたね。
序盤は相手のプレシャーに苦しんでいたものの、途中から中盤の底に下がった事によって
ボールをより余裕を持って扱えるようになり、視界も広くなったりと
上手くボールを捌いてくれていましたし、守備も頑張っていました。

更に後半入ってすぐと、ここもいい時間に追加点を奪ったチェルシーですが
スターリッジがワトフォード戦に続き、またも結果を残してくれましたね。
チームにとっても大きなゴールでしたが、この若手ストライカーが与えられたチャンスを
確実に活かしてくれているというのが余計に嬉しいですし、ゴール後のパフォーマンスからは
余裕すら感じられて頼もしい限りです。実際、その後も何度も脅威を示してくれて
ウィルキンス・コーチの賞賛も納得の活躍ぶりでした。

またこの2点目の大きな役目を担ったテリーの空中戦の強さは圧巻でしたし
守備でもなんだかんだで無失点で終えてくれて、ワールドクラス揃いのチェルシーとはいえ
このチームの魂がいるといないとでは、やっぱり大違いです。

そして流石に前回のサンダーランド戦ほどでは無かったものの、この試合も見応えのある
攻撃をいくつも見れましたし、特に主審がアドバンテージを取らなかったために無効となった
ランパードのパス→ジルコフのクロス→マルーダのゴール、という幻の先制シーンは素晴らしかったです。
そのジルコフはランパードとの見事なワンツーから最初のゴールチャンスを作ったり
マルーダは相変わらず的確な判断と動きでチームメイトを活かしていたりと
今回は大事を取った世界最強レフトバックを含め、アンチェロッティ監督にとっては嬉しい悩みが続きますね。

また後半途中からの登場となったJ・コールも鋭いプレーを魅せてくれていました。
あとは最近ハマってしまっているゴールお預けのループから抜け出すだけですが
それもそのうち突破してくれるでしょうし、契約延長の吉報と共にぜひ楽しみに待ちたいです。

これでアフリカ勢不在でも3連勝と、磐石な進撃ぶりはとても頼もしいですが
ただこの試合は副将ランパード、そしてボランチの代役を務めるベレッチが
足を痛めてしまったのだけが残念でした。自分の足で歩いて戻れただけに
なんとか軽いものである事を願いたいですし、また再び離脱となってしまっている
エッシェンにもぜひその怪物ぶりを発揮し、早く大好きなピッチに戻って来て欲しいです。

これでチェルシーは次はプレミアリーグに戻り、いよいよバーミンガム戦ですね。
相変わらず無敗を続けている手強い相手ですが、それだけにリーグ制覇への意欲を示す好機でもあります。
今度は本拠地スタンフォード・ブリッジですし、チェルシーにはその強さを存分に発揮し
ぜひ好調バーミンガムから勝点3をもぎ取ってくれる事を期待しています。


2010年1月18日(月曜日)

サンダーランド戦の大勝を終えて。

カテゴリー: - はだし狼 @

最高に楽しいショーでしたね。
先週はハル・シティ戦が延期になってしまい残念でしたが
その待ちに待って空いていたお腹が、充分過ぎる程に満たされました。

サンダーランドの守備にも問題があったものの、それでも7得点に加え
あれだけのチャンスを作るのは尋常じゃありませんし
チェルシーがとても素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。
丁寧で正確なパスと規則正しい動きには、この2週間のトレーニングの成果が
表れていましたし、試合の最後まで意欲もプレーの質もほとんど落ちずと
選手たちが心身共にエネルギーを回復できたのがしっかりと伝わって来ます。

そして7つのゴールシーンは多彩で、どれも見応えのあるものばかりでしたね。
その先頭を切ったアネルカの落ち着いた仕事ぶりは頼もしかったですし
マルーダの個人技と右足で1人で決めたシーンにも驚かされましたが
続くA・コールのゴールは更にそれを上回る凄さで、思わず拍手してしまいました。
他にもゴールチャンスがありましたし、今季はより多くのゴールを決めたいと言っていた
この世界最強レフトバックが、あとどれだけゴールを見せてくれるのか改めて楽しみです。

またアネルカが左サイドで溜め、背後を回ったそのA・コールがクロスを上げるという
得意のパターンから、滑り込みながらも決めたランパードのゴールも見事でした。
ワトフォード戦でのミドルに続き、今回は2得点と、流れの中での得点力もいよいよ
エンジンがかかってきましたし、このまま例年通りに数多くのゴールを決めて欲しいですね。

またバラックのヘディングシュートも爽快でしたし、先制に繋がるパスの時と同じく完璧でした。
J・コールのクロスボールも素晴らしかったですし、最近は右サイドでウインガーとしての
仕事も増えて来たお陰で、ジョーらしいプレーがより多くなって来ていますね。
そのジョーにもとても惜しいゴールチャンスがあっただけに、残念でしたが
今後のより重要な場面で期待したいです。

後半から登場したジルコフもそのクロスがアネルカの2得点目に繋がったりと
相変わらずいいプレーを見せていましたし、ワトフォード戦に続いて中盤の底を務めた
ベレッチが今回もまた上手くやっていて、これならアフリカ勢不在でも死角無しですね。
何よりアネルカが復帰したのはやはり大きいですし、自分でもゴールを奪いつつ
周りを活かしながら多くのチャンスを演出したりと、改めてその重要性を示してくれました。

これで先週に足踏みしたマンUとアーセナルとの勝点差を広げる事ができましたし
チェルシーにはこの調子で次のリーグ戦の相手バーミンガムからもぜひ勝点3を獲得して欲しいです。
年末のアウェー戦では今季チェルシーが初の無得点で勝点1しか獲れなかった相手ですし
先週にはマンUとも引き分けたりと相変わらず好調のそのバーミンガムですが
今度は本拠地スタンフォード・ブリッジだけに、ここで格の違いを見せて欲しいですね。

そしてその前にチェルシーはFAカップのプレストン戦です。
今度は敵地ですが、一週間後とゆとりのあるスケジュールが続きますし
ジャイアントキリングの餌食にならないようにしっかりと準備を整えて
4回戦突破してくれる事を期待しています。


2010年1月5日(火曜日)

ワトフォード戦の新年初勝利を終えて。

カテゴリー: - はだし狼 @

チェルシーが見事に2010年初戦を勝利で飾ってくれましたね。
しかも5得点といきなり派手にやってくれましたし
加えてチェルシーらしい無失点とまさに完璧なスタートです。

この試合はチェルシーTVで確認したんですが、ワトフォードは素早いプレスで
間合いを詰めて来るものの激しさが足りなく、チェルシーの選手は2、3人に
囲まれても余裕を持ってキープしていて、やはり両チームの差を感じました。

それでもアンチェロッティ監督の言う通り、マンUと同じ道を辿る可能性は常にあるだけに
早々に先制点が生まれたのは大きかったですし、前半20分の段階で3−0としてくれたのは流石ですね。
2点目と3点目は幸運にも助けられましたが、これもチェルシーの積極的な姿勢と好パフォーマンスが
導いたものですし、12月の嫌な流れが止まったのを改めて感じられました。

この試合のチェルシーは、正確なパスワークを随所で築き、右サイドはJ・コール、ランパード、イバノビッチを
中心に、左サイドはマルーダ、ジルコフ、A・コールを中心に圧力をかけながら相手を揺さぶっていて
2点目で相手のミスを誘えたのも、3点目で中央にシュートコースが開いたのもその効果でした。

それぞれが見せ場を作っていましたが、特にジルコフはその運動量とセンスで多くの攻撃と
チャンスに絡んでいましたし、この1月やシーズン後半戦での期待がますます高まります。
A・コールもそのジルコフのパスから鋭い侵入とクロスで5点目をアシストしてくれましたし
お騒がせなマルーダも安定した頼もしさを漲らせていて、チェルシーを代表する選手の1人に
なりつつあるのを改めて感じました。またこの3人のレフティの同時起用にはワクワクしましたし
これからコンビネーションが更に洗練されれば、かなりの脅威になりそうでとても楽しみです。

そしてもう1人のレフティ、スターリッジが素晴らしい仕事をしてくれましたね。
ドログバとカルーが離脱し、復帰予定だったアネルカも間に合わなかった中、この若手ストライカーが
公式戦初ゴールを含む2得点を挙げてくれましたし、他にも2つのゴールチャンスがありました。
特に2度目のゴールは抜群のクオリティで、アンチェロッティ監督が補強は必要無いと言うのも納得でした。
途中から出場機会を貰えたボリーニ、カクタ、マティッチもそれぞれ逞しいプレーで渡り合っていましたし
この1月の更なる出番を期待したい所です。

またこの試合は中盤の底を務めたベレッチが、本当にとても上手くやっていました。
怒り易いのが玉にキズのこのブラジル人ですが、ここ最近は落ち着いて好プレーを見せてくれてますし
相変わらず器用なそのユーティリティ性はやっぱり助かりますね。
ランパードのCKからのクロスを中盤のベレッチが右足ダイレクトボレーで叩くシーンもあり
うねりを上げながら惜しくも外れてしまったものの、その破壊力も健在でした。

そしてランパードが久々にPK以外でもゴールを決めてくれましたね。
威力・精度ともにまさにこの副将らしいスカッとする一撃でしたし
新年の幕開けで気分転換したかのように、他にもランパードらしい多彩なプレーが随所で見れました。
主将テリーも先制点に繋がったシーンのように、セットプレーのこぼれ球を叩くシーンが何度もあり
また流れの中でも積極的に攻撃をサポートして華麗なパスワークに絡み、頼もしかったです。
J・コールは切れ味はまだマックスでは無いものの、それを激しい動きでカバーする姿は胸を打たれますし
2点目を導いたりと多くの貢献をしながら、今回も試合の最後まで一生懸命に働いていました。

早い段階で試合が決まりながらも、90分間手を抜かずにしっかりプレーしてくれましたし
流石にロスタイムには気が緩んで危ないシーンがあったものの、イラリオがよく防いでくれたりと
無失点で終えられたのは安心しました。アフリカ勢が抜けたこの初戦はやはり今後を占う意味でも
大事でしたし、この大量得点&完封は文句無しのスタートですね。

これでチェルシーは次はプレミアリーグに戻り、敵地でのハル・シティ戦です。
アウェーではここ4試合勝っていないチェルシーですが、アネルカも次こそは戻って来れるかも
知れませんし、ドログバとの誓いを守ってリーグ首位を維持するためにも
ここはぜひ勝点3を持ち帰ってくれると期待しています。


Treasure