ブログカテゴリ一覧
メインメニュー
最新の記事
最近のコメント
月別過去ログ
検索

2010年5月27日(木曜日)

CL決勝&モウリーニョ・レアル

モウリーニョ監督がインテルで見事に自身2度目の欧州制覇を成し遂げましたね。
チェルシーやバルセロナ戦と同様、相手の長所を消す組織的で粘り強い守備と
カウンターを中心とする効率的な攻めをこの決勝でも徹底させて改めてその凄さを覚えました。

これでレアル行きがほぼ確定みたいですが、わずか2年でインテルを目標であった45年ぶりの
チャンピオンズリーグ優勝に導き、更に3冠達成と最高の結果を極めてしまった以上、
このスペシャルワンにとってはこの伝説と共に去るのが、やはり完璧なタイミングなのでしょうね。

その新天地とされる白い巨人はかつて、リーグ優勝したカペッロ監督さえ解任していますし
結果とパフォーマンスを同時に求められる点や、オーナーの補強への介入度など
チェルシーの時と同じか、それ以上に厳しい条件やプレッシャーが待っているかも知れません。

とはいえ、モウリーニョ監督の衆目を惹きつけるメディアでの発言やピッチ上での振舞い、
そのカリスマ性や華など、レアルと妙に合いそうな一面もありますし、またチェルシーでもインテルでも
戦い続けて来た古巣バルセロナとシーズンを通して争うというのは、とても盛り上がりそうですね。

何より人一倍勝利にこだわるこのポルトガル指揮官が、銀河系とまで呼ばれるこのスターチームを
どう組織化し、自らの戦術通りに機能する勝者の集団に変えるのか、とても楽しみです。
またポルト時代からチェルシー、インテルと延々に続いているリーグ戦での
驚異的なホーム無敗記録がモウリーニョ・レアルでも続くのか注目したいですし
スペシャルワンのこの新章を心待ちにしたいです。

ちなみにCL準優勝となったバイエルンのロッベンですが、予想通り対策を立てられてきたものの
それでもあれだけ脅威を示せたのは流石でしたし、成長し続けているのが伝わって来ました。
その決勝は出れなかったリベリーも契約延長をしたみたいですし、ロッベンとのこの巨大な両翼が
今度はどんな嵐を巻き起こすのかもまた楽しみです。


FAカップ決勝&2冠達成について

カテゴリー: - はだし狼 @

だいぶ日が経ってしまいましたが、FAカップ決勝のポーツマス戦は凄い試合でしたね。
前半にランパード、テリー、カルー、そしてドログバが2度、ことごとくゴールポスト&バーに
阻まれたのは信じられませんでしたが、今思い出してもとても楽しかったです。
そしてあれだけゴールが決まらず当然フットボールの法則が発動し、後半にPKを与えてしまったものの
その危機を守護神ツェフが見事に救い、主砲ドログバが再びのFKからついに決勝ゴールを奪ってくれたのは
なんともいえない快感でした。このシュートがまたポストに当たりながら決まるという、細かい演出が
効いていましたが、前半にドログバはポスト自身へと直に文句を言っていただけに、ゴールポストの精も
敬意を払って(あるいは怯えて)、その願いを聞き届けてくれたのかも知れませんね。

またツェフは前半にも唯一の危ないシーンを防いで、傾きかけた天秤を押し戻してくれましたし
本当に素晴らしい働きをしてくれました。そのツェフの好セーブに加え、ドログバのFK、テリーのヘッド、
ランパードのミドル、A・コールのゴール前浸入、カルーの必殺チャンス台無し劇場などなど
ほとんどの選手に得意のプレーや見せ場があり、そういう意味でも楽しめましたし、
まさに今シーズンのチェルシーの最後に相応しい試合でした。

そんな中、バラックもその熱い闘志でポーツマスの選手たちと揉めていたのもらしい姿でしたが
その報復で負傷退場となってしまい、しかもW杯まで出れなくなってしまったのはとても残念です。
ただ、バラックは契約延長の可能性が高まって来たみたいですし、このまま怪我の回復に集中して
W杯に出れない分も新シーズンのチェルシーに力を注いでくれる事を期待しています。

一方、グラント監督率いるポーツマスもこの決勝に賭ける想いが伝わる戦いぶりでしたし
更にそのバラックの交代後からチェルシーはチームが上手く機能しなくなったりもあって
最後まで少し気の抜けない厳しい試合を強いられました。後半にPKを獲得したPKを名手ランパードが
珍しく枠まで外してしまったのがその証明でしたし、休む間の無いハードワークで流石の
この副将も疲労が伝わり、これもまた珍しい姿でしたね。

とはいえ、優勝セレモニーでリーグ制覇の時と同じくテリーと共にカップを掲げた時には
すっかり疲労は吹き飛び、この主将&副将を中心にチームが栄冠に喜ぶ姿はやっぱり最高の光景でした。
そのテリーはシーズン途中から色々問題があったり、大きなミスもいくつか目立ちましたが
その仕事ぶりや性能はずば抜けていてやはりこの2冠達成に不可欠でしたし、来シーズンはその言葉通り
リーグ連覇&FAカップ3連覇、そして悲願のチャンピオンズリーグ初制覇をぜひ成し遂げて欲しいです。

他にも今シーズン多くの活躍を見せたマルーダ&アネルカのフランス代表コンビ、来シーズンに懸ける
J・コールたちも嬉しそうでしたし、終盤再び出番がなくなり心配だったジルコフも笑顔で安心しました。
またカルーは優勝カップを1人1人順番に掲げる時、後ろにいたそのジルコフを飛ばそうとしたりと、
ここでも笑わせて貰いましたし、やっぱり愛すべきキャラクターですね。

そしてプレミア1年目にして、チェルシー初となるプレミアリーグ&FA杯の2冠で歴史を築いた
アンチェロッティ監督にも選手たちと同じように感謝したいですし、ワールドカップも間にありますが
このアンチェロッティ・チェルシー2年目となる来シーズンが今からとても楽しみです。

ちなみにこのFAカップ決勝で、新ユニフォームがお披露目となりましたね。
ライバルチームの象徴である“赤”のラインが襟元にあり、現地のサポーターでは拒否反応の声も
あったみたいですし、写真だと首が長く見える気がしたんですが、映像ではいい感じでした。
またビッグ4戦全勝でリーグ制覇を果たした王者チェルシーにとっては、その討ち取った証として
ピッタリにも思えますし、優勝の金バッジと共に、相応しいその強さを新シーズンもぜひ見せて欲しいです。


2010年5月13日(木曜日)

祝!プレミアリーグ優勝!!

カテゴリー: - はだし狼 @

4シーズンぶりのリーグ制覇、改めておめでとうございます。
チェルシーがついにプレミア奪還を果たしてくれましたね。
しかもドログバが得点王に輝き、ツェフがレイナと並んで最多無失点試合を達したり
そして最後でクラブ史上最多の8ゴールを記録したり等々、おめでた尽くめの優勝で最高した。

世界中の注目を集め、今季最後のこの一戦にウィガンはチェルシーの優勝を阻む気満々で向かって来て
厄介でしたが、それだけに前半6分でいきなり先制できたのは嬉しかったです。
アネルカがこの最初のチャンスを見事に決めてくれましたし、最近のゴールへの積極性や集中が
ここでついに身を結びましたね。またアネルカは、チームにまだ固さがある序盤から
それを最も感じさせない動きと集中ぶりを見せていて、とても頼もしい存在でした。

マルーダもよく落としてアシストしてくれましたし、チームメイトが選ぶ
最優秀選手賞に相応しい活躍ぶりを、まさにシーズンを通して示してくれましたね。

そしてこの先制後もウィガンが上手くパスを繋いでプレッシャーを掛けて来たものの
相手のペースになりかけた所で、チェルシーは一旦ボールを落ち着かせて緩和させ
そこからPK獲得へと繋げたその試合運びがまた流石でした。コールドウェルの一発退場は
敵ながら厳しい気もしましたが、マンC戦のベレッチのように、決定機を意図的なファールで止めただけに
正しい判定でしたし、これでウィガンが10人となったのはチェルシーにとって強い追い風となりましたね。

カルーのハットトリックがかかったストーク戦と同様、このPKもランパードが譲らず蹴り
勝利のために最善の選択をし、チーム第一を徹底したのもまた流石でしたが
ランパードのゴールを必ず祝福するドログバが今回は姿を出さず、すねてしまったのが少し心配でした。
とはいえ、後半直前はチーム全体で円陣を組み、再び爛漫な表情に戻っていたのには安心しましたし
そのあとは1人少なくなったウィガン相手に、素晴らしいゴールショーを披露してくれましたね。

決定的な3点目を奪ったカルーのゴールシーンはまさに練習通りというような綺麗さでした。
インテルとのアウェー戦でも大きな仕事をしたそのカルーですが、この終盤はレギュラーまでものにして
本当にいい働きを続けてくれましたし、来シーズンにどれだけやってくれるか今から楽しみです。
またランパードがここもしっかり走ってワンツーを完成させ、相変わらず攻守に渡り休まない
この副将の姿には頭が下がります。

その後にイバノビッチの正確なクロスから、アネルカが仕留めた2度目のボレーも素晴らしかったですし
負けじと仰天のオーバーヘッドを魅せたドログバは阻まれたものの、その流れからついにネットを揺らし
そこからハットトリックまで達成したのは予想を上回るほど出来すぎた展開でした。
特にその1つ目はランパードのアシストだったのがまた良かったですし、チームも5点目とは思えない
喜びようでとても感動的な光景でした。また3つ目ではPKも蹴らせて貰えて、仲良しマルーダと結成した
即席バンドも楽しませて貰いましたし、しっかり単独得点王にも輝いて終わってみれば万々歳でしたね。

途中交代入ったJ・コール&ベレッチも6点目に繋げたりと、十分に貢献してくれました。
この試合も気合十分に入ったジョーは好守備も披露し、更に驚異の粘り強さから8点目をアシストしたのは
見事でしたね。相手のスライディングで一回転しても進み続けたモウリーニョ・チェルシーの頃を
思い出しましたし、来シーズンは技術やセンスだけで無く、強靭さや粘り強さを再び武器にした
ジョーが見れる事を期待したいです。

その最後のゴールを担ったA・コールは今回もレフトバックとは思えない一撃でしたし
この試合も抜群のタイミングと速度で何度も攻め上がり、頼もしい限りでした。
そして主将テリーは力強い守備を見せつつ、自ら攻撃を後押ししてチームに道を示し
ツェフは仕事は少なかったものの、終盤に好セーブを披露してその手で無失点記録を掴んでくれました。

またこの全てが懸かった一戦に序盤から気持ちが入ってバラックは、中盤の底でボールを供給しながら、
貴重な先制点に絡んだり、またリーダーの1人としてチームを支え、ついにプレミアでの初のリーグ優勝を
飾れましたね。バラックやベレッチがチェルシーのユニフォームを着るのは今季限りの可能性があるだけに
この優勝やこの試合の彼らの姿には胸が打たれるものがありました。

そして負傷したカルバーリョ入れ替わるように復帰したアレックスもミスの無い素晴らしい働きを続けたり、
他にもフェレイラ、ベレッチ、デコ、ジルコフなど、今シーズンは本当に選手全員が出番が回って来た時に
高いモチベーションでそれぞれ良い仕事を果たしてくれましたし、まさにチーム全体で得た優勝ですね。

それはチームに素晴らしい雰囲気を維持したりと、やはりアンチェロッティ監督に拠る所が大きいです。
何よりモウリーニョ監督以降、リーグ優勝できていなかったという呪縛から解き放ってくれましたし
更にアブラモビッチ・オーナーから求められている、大きなタイトル獲得&魅せるパフォーマンスの両立を
プレミア&チェルシー1年目で成し遂げたのは素晴らしいですね。

最後までもつれ込みはしましたが、ビッグ4戦全勝を果たし見事にイングランドを制圧してくれましたし
厳しいシーズンだっただけに優勝の味もまた格別です。あとはFAカップ優勝との2冠を果たして
来シーズンはより磐石な進撃でリーグ連覇し、そして今年は早期敗退となったチャンピオンズリーグで
今度こそビッグイヤーを掲げてくれる事を期待しています。

ちなまにエッシェンも大喜びでチームメイトを祝ったり、多くの試合で貢献しつつ終盤で負傷してしまった
ミケルや、お馴染みのカルバーリョ、デコたちの姿もあった優勝セレモニーもとても感動的でしたし
やっぱり優勝は最高ですね。そして次のグラント監督率いるポーツマスとの大一番がいよいよ今シーズン
最後の試合となりますが、アンチェロッティ・チェルシーにはこのままFAカップ2連覇&今季2冠も飾り
ぜひ更に素晴らしいシーズンにして欲しいです。


2010年5月7日(金曜日)

「プレミアリーグナイト・アフターパーティー vol. 5」開催のお知らせ!

カテゴリー: - はだし狼 @

お知らせです。先日の「プレミアファンによるクラブ対抗のフットサル大会」担当の田丸さんや、
アキさんから、今月末に“プレミアリーグ好きによるパーティー”が開かれるとのご連絡を頂きました。

以下がその詳細となっています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「プレミアリーグナイト・アフターパーティー vol. 5」のご案内

5月29日(土)にプレミアリーグのファンが集ってプレミアリーグの
魅力について語り合うパーティーを開催します。

【日時】5月29日(土)19:00〜21:00
【場所】FooTNiK大崎店
【会費】学生: 4,000円、社会人: 5,000円(当日受付にてお支払い下さい)
【食事】飲み放題+軽食
【主催】松岡宗一郎、中村一樹、田丸由美子
【参加申込先】pln.after.party@gmail.com
【参加申込締切】5月22日(土)

今シーズンを振り返りつつ、自分が応援しているクラブやプレミアリーグの
魅力について熱く語り合いましょう♪

同じクラブを応援している人と友達になりたい方、ほかのクラブのファンの人とも話してみたい方、
プレミアリーグのフットボールの魅了を語り合いたい方、現地観戦のための情報を仕入れたい方、
ぜひこの機会を利用して下さい。

パーティー終了後は、同じ会場での二次会も予定しています。
二次会は会費制ではなく、各自で飲み物等をお店に注文して頂く形になります。

参加を希望される方は、参加申込先のメールアドレス(pln.after.party@gmail.com)に
以下の項目をコピー&ペーストし、【  】内に必要事項を記入して送信して下さい。
お名前はご本名のフルネームを漢字で書いて下さい。年齢を秘密にしておきたい方は書かなくても結構です。また、このパーティーに初めて参加される方は、このパーティーのことをどこで知ったかも教えて
頂けると助かります(例:「○○というブログで」、「○○さんからの紹介で」など」)。

———————————————————

お名前【  】
年齢【  】
性別【  】
サポートしているクラブ【  】
社会人 or 学生【  】
メールアドレス【  】
初めて参加される方へ。このパーティーのことをどこで知りましたか?【  】

———————————————————-

お名前やメールアドレスなどの個人情報は、外部には決して流出させませんのでご安心下さい。

参加申込をされた方には、後日プレミアリーグに関する簡単なアンケートをご送付させて頂きます。
ご協力頂ければ幸いです。アンケートの回答を参考に、パーティー内で何人かの方にマイクを持って
プレミアリーグの魅力などについてお話し頂く予定です。

また、パーティーにはご自分の「お名前、応援しているクラブ名、メアド、mixi名」などが
入っている簡単な名刺(手作りのものでOK!)を持参されることをおすすめします。
名刺があると、初めて会った人ともすぐに友達になれるので便利です。

質問等ございましたら、pln.after.party@gmail.comまで気軽にお問い合わせ下さい。

よろしくお願い致します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

とても楽しそうですね。普段はライバルでも、プレミアでは同志である
他のクラブのファンの方たちとの交流によって、新たな発見・視点が生まれそうですし
来シーズンのプレミアを見る目もまた変わるかも知れません。
現地観戦のための情報等もあるみたいですし、ぜひご参加してみてはいかがでしょうか。


2010年5月5日(水曜日)

リバプール戦の快勝を終えて&ストッフおめでとう!

カテゴリー: - はだし狼 @

チェルシーが見事、プレミアリーグ優勝に王手をかけてくれましたね。
序盤から変な緊張感が漂っていましたが、チェルシーは1本のパスで相手DFラインの
背後のスペースを頻繁に狙い、セカンドボールを拾われても高い位置からの守備で
更なるプレッシャーをかけていて、とても効率的なプレーをしていました。

そしてリバプールが自然とバックパスが多くなった中、ドログバが獲物を捕らえる鷹の如く
ボールを完璧に奪い貴重な先制点をものにしたのは、相手のミスもあったとはいえ素晴らしかったです。
またドログバはアネルカやカルーと同様に前線からの守備もしっかりやっていましたし
守備時のセットプレーでは相手のクロスを何度も跳ね返していて頼もしい限りでした。

先制で勢いに乗ったチェルシーは追加点に迫るものの、手の中をすり抜けて行ったのが少し心配でしたが
後半序盤にはそのドログバのパスからアネルカがアシストを与え、ランパードがその天性の才能を
今回も発揮してついに2点目を奪ってくれたのは凄く嬉しかったですし、事実上勝負ありともいえる
この大きな2点目に選手たちも今度は皆が笑顔で大喜びしていて感動しました。ちなみにこれでランパードは
リーグ戦21ゴールと、猛者揃いの得点ランキングで5位まで浮上し、やはり恐るべきミッドフィルダーですね。

残りの時間では、選手たちの守備ぶりから1失点でもしたら危ないという意識が伝わって来ましたし
決定的なピンチも無くそのまま無失点に終えてくれて、とても頼もしかったです。ドログバだけで無く
アネルカやカルーも前線からしっかり守備していましたし、そのアネルカ、カルー、マルーダには
3点目に迫るシーンもあって惜しかったですね。

アネルカはストーク戦に続きゴールに意欲的で気合が入っていましたし、カルーはその緩急自在な
ドリブルで相手守備陣に何度も脅威を与え、違いを起こせる選手だという事を再び示してくれました。
マルーダはその視野の広さや鋭い判断力で中盤でも存在感を発揮していますし、またA・コールは
攻守において大きな役目を担い、シーズン終了前に戻って来れたのを改めて有難く思いました。
右SBに戻ったイバノビッチは追加点に絡んでくれましたし、また序盤の危ないシーンを阻んだりと
その逞しさは相変わらず健在ですね。ちなみにボールにはほとんど触れなかったものの
J・コールがロスタイムの投入でも、腐るどころか気合十分でピッチに入った姿は
素晴らしかったですし、頑張り続けて欲しいという気持ちがまた強くなりました。

リバプールにはやはり疲労の影響が見えましたが、難所アンフィールドという事に加え、
勝利が必須というプレッシャーの中で、これだけ完全な勝利をものにしてくれたのは誇らしいですし
ついにリーグ最終戦となる次のウィガン戦もチェルシーにはぜひ強い気持ちと集中力で臨んで欲しいですね。

他のビッグ4相手にホームでもアウェーでも全勝を成し遂げてくれたのはとても嬉しいですし
アンチェロッティ・チェルシーには値するリーグ優勝をぜひ成し遂げてくれると期待しています。
今シーズンの敵地でのウィガン戦では、退場者や負傷者が出して9人で敗れたチェルシーですが
その借りを返す機会ですし、何より4年ぶりのプレミア制覇を果たすためにも
最高の舞台である本拠地スタンフォード・ブリッジで、ぜひ勝利&優勝を飾って欲しいです。

ちなみに今シーズンは他のリーグもどこも接戦ですが、レンタル先のトゥエンテで大活躍していた
ストッフが一足早く優勝を飾りましたね。最後も貴重なゴールを決めて、今季リーグ10得点を記録と
文句無しの成績ですし、改めておめでとうと言いたいです。そしてプレミアはより厳しいとはいえ
今のチェルシーは4−3−3も使っているだけに、来季はこの若手ウインガーの活躍を
イングランドで見れる事をぜひ楽しみにしたいです。


Treasure