ブログカテゴリ一覧
メインメニュー
最新の記事
最近のコメント
月別過去ログ
検索

2010年5月27日(木曜日)

CL決勝&モウリーニョ・レアル

モウリーニョ監督がインテルで見事に自身2度目の欧州制覇を成し遂げましたね。
チェルシーやバルセロナ戦と同様、相手の長所を消す組織的で粘り強い守備と
カウンターを中心とする効率的な攻めをこの決勝でも徹底させて改めてその凄さを覚えました。

これでレアル行きがほぼ確定みたいですが、わずか2年でインテルを目標であった45年ぶりの
チャンピオンズリーグ優勝に導き、更に3冠達成と最高の結果を極めてしまった以上、
このスペシャルワンにとってはこの伝説と共に去るのが、やはり完璧なタイミングなのでしょうね。

その新天地とされる白い巨人はかつて、リーグ優勝したカペッロ監督さえ解任していますし
結果とパフォーマンスを同時に求められる点や、オーナーの補強への介入度など
チェルシーの時と同じか、それ以上に厳しい条件やプレッシャーが待っているかも知れません。

とはいえ、モウリーニョ監督の衆目を惹きつけるメディアでの発言やピッチ上での振舞い、
そのカリスマ性や華など、レアルと妙に合いそうな一面もありますし、またチェルシーでもインテルでも
戦い続けて来た古巣バルセロナとシーズンを通して争うというのは、とても盛り上がりそうですね。

何より人一倍勝利にこだわるこのポルトガル指揮官が、銀河系とまで呼ばれるこのスターチームを
どう組織化し、自らの戦術通りに機能する勝者の集団に変えるのか、とても楽しみです。
またポルト時代からチェルシー、インテルと延々に続いているリーグ戦での
驚異的なホーム無敗記録がモウリーニョ・レアルでも続くのか注目したいですし
スペシャルワンのこの新章を心待ちにしたいです。

ちなみにCL準優勝となったバイエルンのロッベンですが、予想通り対策を立てられてきたものの
それでもあれだけ脅威を示せたのは流石でしたし、成長し続けているのが伝わって来ました。
その決勝は出れなかったリベリーも契約延長をしたみたいですし、ロッベンとのこの巨大な両翼が
今度はどんな嵐を巻き起こすのかもまた楽しみです。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.chelsea-fanweb.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/218

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

Treasure